FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP小説 ・ 小話 ≫ 最期

最期

 平安時代の末期、源氏と平氏の長い争いが終焉を迎える頃のことでございます。それまでの源氏と平氏は「東国の源氏」、「西国の平氏」と呼ばれ、朝廷政治における武力の要でありました。当時、この二大勢力は、競うように内乱の鎮静に活躍し、皇族を凌ぐほどの絶大な力を持つようになります。

 特に平氏方は栄華を極め、中心人物たる平清盛は政治の実質的な実権を握るまでに上りつめてゆきます。一方の源氏方はといえば、それ以前の「平治の乱」でこの清盛に敗れ壊滅、霧散してしまうのですが、実は虎視眈々と起死回生の機会を窺がっていたのでございます。  

 政治の実権を握った清盛、その武力にまかせる政治手法は、皇族、貴族はもとより寺院らの反感を強くかうようになり、その不満のほどは、はちきれんばかりに大きくなってしまいます。「平家にあらずんば人にあらず」 そう豪語する平氏方の傍若無人ぶりに業を煮やした、後白河法皇第二皇子 似仁王はついに治承4年、平氏を追い討つ決意を諸国に散っている源氏に伝えます。

「ついに、時いたるか」
平治の乱で捕らえられ、伊豆・蛭が小島に追いやられて20年、34歳になった源頼朝は、平氏追討の兵を挙げます。そして、22歳の異母兄弟の義経の参陣、さらに続けと信濃の国 木曽谷の27歳、今回のお話の主人公、木曽義仲が兵を挙げるのでありました。  そしてまもなく、平家の屋台骨 清盛が病死し、弟の宗盛、甥の維盛らが采配を揮うようなり ・・・・・。時の背景についてはここまでに致したく思います。このたびは、源平合戦の舞台の片隅に、ひっそり咲いた儚くも悲しい愛の逸話をお届けいたしたく存じます。   

 寿永2年5月、木曽義仲は信濃より大群を率いて北陸道の西方、石川と富山の県境にある倶利伽羅峠で平氏軍と対峙する準備をはじめます。義仲は、一番大将、手塚太郎光盛や樋口次郎兼光、そして千の兵を率いる女大将巴御前ほか味方の武将達を集めて訓言します。 「いよいよ平家がやってくる。かって私は、敵の4万の兵に僅か3千で戦い勝利をものにした。それに比べれば、今度の敵の10万に対して我らは5万。大したことはない。敵は京や西国から駆り出され、やっとの思いでやってきた侍達である。これに比べて、こちらは地理に詳しい地元の、しかもあらての侍ばかりである。こんな安心なことはない」加賀の武将達を味方につけた義仲は、こうして言葉巧みに軍をまとめておりました。

 さてさて、平家10万の大軍が長蛇の列をなして倶利伽羅峠を越え、東方砺波への下り坂を降りてきました。平氏軍はその途中、遙か山麓の「八幡大菩薩の源氏の白幡」を見つけるや、驚きの声をあげます。 
「麓の源氏はかなりの軍勢だ。」「しかしながら この見渡す限りの岩石の山々・・・そう簡単に攻めては来れまい」
「高みにいる以上は数の多い我らが有利なことは疑う余地はない」
平氏軍はそう考えることで安心を得ようとしたのです。

 長旅で休息に向かいたい平氏軍、峠を越えさせてはならないと考える源氏軍、その双方がここ倶利伽羅で対峙します。そして膠着状態に入ります。  ところがこれも義仲の考えの及ぶ範囲でございました。実のところ、義仲は既に味方を七つの部隊に分け、平氏軍周辺に配備しており、麓の源氏の白幡は敵を峠に足止めさせるために予め用意しておいたもので、いわば無人の陣営でございました。  両軍の駆け引きが続き、いっときが経過。そしてついに平氏軍は義仲の仕組んだ陥穽に嵌ります。平氏軍は「直ぐの戦いはない」と判断、兜を脱ぎ戦装束を緩めて兵士達は休息に入ってしまったのです。緊張の糸が途切れた瞬間でありました。  

 闇の静寂が辺りを包む頃、突如、太鼓、法螺貝が打ち鳴らされます。義仲の奇襲が始まったのです。縦横無尽に挑みかかる七つの部隊、その先陣には、なんとその角に明々と松明を付けた五百の牛を配備し、一気に突入します。怒涛のような攻撃に慌てふためく平氏軍は、次々と谷底へと蹴落とされてゆきます。義仲軍の完全勝利でございました。  

 かろうじて残った平氏の軍勢は敗走します。その中に70歳にもなろうかというのに、その眼光鋭く総大将の維盛を守るかのように共に敗走する、見事ないでたちの侍がおりました。この人こそ、武蔵の国の主であり猛者と謳われた斉藤別当実盛、今回のお話のもう一人の主役なのであります。  このように、ここ倶利伽羅では、木曽の暴れん坊、義仲とこの老武者実盛は直接戦うようなことはなかったのでございます。が、しかしこの二人、実は深い因縁で結ばれていたのでございます。     

 この時から25年ほどさかのぼります。当時、時の情勢により、実盛は源氏方に属しておりました。が、ある時 そんな実盛に源氏の身内同士の諍いがあったとの風の便りが届きます。  暫くすると、突如 実盛の屋敷に一組の親子が訪ねて参ります。源氏の身内抗争の渦中、父を殺され「親の仇」に豹変するを恐れた相手方に追われる身となった幼子、駒王丸とその母でございました。幼子は自分の置かれた状況が解るのか、身を震わせながらも、今は敵とも味方とも解らぬ実盛の顔をじっと睨みつけます。

「そちはこの実盛を威嚇しておるのか。無礼者め!」  
当時の実盛は武蔵の国の主として私心を捨てた善政を行い、その人柄は素晴らしく、地元の民にも敬愛される評判の人格者でございました。45歳にして早くも少し白髪が混じってはいても、その風情は歴戦のつわものとしての誇りと私利私欲を捨てた職への姿勢が余裕となって感じさせるに充分でありました。
「わたしも、そち達を探し出し、即刻打ち首にするように達しをうけてはおる。しかし、このような同族の争いのなか、わが身の保身のみの理由から、幼い命まで手にかける所業、到底できるはずもない。・・・もとより源氏の血を引くこの子。見てみなされ、気丈にも気高く私を睨みつけておるではないか。」

そこまで言うと「猛者」と謳われた実盛の顔がみるみる柔和になり、やがて幼子の体から震えが消え、安心したかのように泣き叫びます。この子が2歳の木曽義仲、後の世に戦に長けた武将として名を馳せた源義仲。その人なのでございます。  「不憫よのう。お前も私も、共にこの時代に生かされておる。そなたにも御仏からの大きな使命があるのじゃろう。そなたを守ってあげまするぞ」実盛の頬に一筋の涙が伝います。そんな実盛を前に、ただただひれ伏し泣くばかりの母子・・・。命がけの決意を胸に、頷くばかりの実盛でありました。
「源氏の血を引くこの子。成人のあかつきには国のため働き、主になるやもしれん。心して養ってほしい」実盛は、ある信濃の豪族のもとにこんな手紙を持たせて親子を旅立たせるのでございます。    

 それから、おおよそ10年余の年月が流れます。少年になった義仲は、村の友達と「弓」に興じておりました。体格の立派になった義仲は、村の大人も全く引けぬと降参するほどの引きの強い弓の使い手でありました。義仲の放つ矢は的の中心を射抜き、そのたび友人たちは驚嘆の声を村中に響かせ、矢の殆どを的中させる義仲に村人達も驚くばかりでございました。義仲が得意そうにしていると、ひときわ野太い声が背後から聞こえます。

「みごとなものじゃ。これで戦いの場で動き回る敵を射抜ければ尚のこと見事。」振り返る義仲に声の主はなおも続けます。「さりとて、無駄に矢を射るその前に、相手の心の臓を握るほどの肝を鍛えることも肝要」すぐさま反応する義仲。
「私が遊びに興じるだけの腑抜けと申すか。そなた、私のこの弓を引いてみよ。そのうえでお話をきかせてもらおう」
義仲の気迫に、皆に緊張が走ります。  

 実盛は、義仲の挑発を楽しむかのように笑みを浮かべ、弓を取り上げます。厚い胸板、隆起した二の腕、そしてなにより、ここが戦場かと思いまごうほどの形相。弓を引ききる実盛の勇ましい姿に周りの者も息を飲みます。そして、あっという間に矢は放たれ、先に中心を射抜いていた義仲の矢を真っ二つに蹴散らし、的の中心深く土中に刺さります。言葉を失う村人達。 もしや、このお方は・・・、いや相違ない。義仲の胸中にふと懐かしさに似た何かがよぎります。

 義仲は慌てるように膝をつき言います。
「実盛殿、お久しゅうございます」
義仲は養父より、すべてのいきさつを聞かされていて、ことさら実盛の恩を身にしみて感じておりました。実盛が世に名を轟かすほどの弓の使い手であることも、いずれこの信濃の地を訪ねてこられることも信じて疑わなかったのです。弓の研鑽を積んできたのもこの日のためであったのでございます。

 「無礼者。たのもしくなられなのう。さすが源氏の血は尊い。世はまだまだ戦乱が続く。民のためにも日の国のあるじとなるよう、ますます精進なされよ」こうして二人はこのひととき、時を埋めるかのように語り合うのです。
傍らで二人を見ていた養父はぽつり言います。
「まるで、本物の親子のようじゃ・・・」
共に生きて二人が会った二度目であり、最後の日でもありました。    


 倶利伽羅峠で勝利した義仲は、敗走する平家軍を一挙果敢に追い込みます。平家軍は時に善戦はするものの、義仲の勢いを止めるに及ばず、片山津「柴山潟」のほとりにまで後退いたします。 平家討伐を旗印にここまで出張ってきた義仲は歩みを止め、馬上より白山を望みます。

 春の風が頬を撫でてゆくと、義仲は春霞が覆う残雪の頂を眺め、傍らの光盛に言います。
「あの頂に上ってみたいものよのう。そしてこの風である。そう、時の風は今、見事なまでに追い風である。そしてこれはまぎれもなく、この義仲の風である。今はまだ、叔父 鎌倉殿の配下に甘んじてはいるが、いずれ、天下統一の主となるのだ」  

 この頃、頼朝と義仲の関係は、ぎくしゃくしたものとなっておりました。義仲の働きについては、頼朝も充分認めてはおりましたが、血気にはやり、度の過ぎる戦いぶりをみて「木曽の田舎侍」と揶揄することもあったのでございます。幼少の頃、身内に父を殺された義仲でございます。「完膚なきまで叩きのめす」、そんな義仲の戦いぶりは幼少より自然と培われたものであり、「裏切り」という言葉もまた、常に他者にも、そしてまさに自分にも内在しているものである。そう悟っていたのでございます。

 「鎌倉殿の不信が、我らが御大将に及ばねばよいが・・・。」
光盛はじっと義仲の背中を見据え、声にならない言葉をぐっと飲み込むのでありました。    

 某日、義仲は平氏軍に程近い篠原に陣取ります。篠原から眺める白山の雄姿はまさに、義仲のそれに重なるようでありました。夕日で赤く染まった白山は湖面にその影を落としています。静かに佇む義仲は、我が半生をふり返ります。  その記憶に必ずといって現われる実盛。幼少の頃と少年期に会った実盛の笑顔は、義仲にとって生き抜くうえでのかけがえのない宝物でございました。たった2度の出会いではありましたが、実盛の存在は「尊敬と畏怖に満ち溢れた父」であり、鮮烈な思い出の人なのです。義仲は「父」への憧憬の念を、この実盛に被せていたのでございましょう。

 「そちの親は健在か」軍一番の参謀 光盛に訪ねます。
「父、母ともに元気でござりまする・・・故郷で静かにしてはおりますが、私にだけは、今も口うるさしゅうてかないませぬ・・」
「そうであるか。」義仲は天を仰ぎつつ言葉を続けます。
「光盛よ。親の教えとは尊いものよのう。そして人の歩む道もまた厳しく、且つ尊いものぞ。そんな道すがら、親にも勝る教えを与えてくれる人に出会うこともある」
実盛とのいきさつを語りはじめる義仲でありました。
「お話から察するに、もう70の齢を超えておられまするぞ。このたびの戦には、まさか参陣してはおられますまい」
光盛は義仲の心中を推し量りながら大きく息を吐き出し言います。

 「ならばよいのだが・・・」
沈黙が二人を包み、夜は更けゆくのでありました。  

 夕闇が迫るにつれ、先ほどまでの、鮮血さながら色づく水面は、どす黒く塊りはじめた血のように沈み始めます。
「ここが私の死に場所になるか・・・」実盛は、疲労困憊している味方の兵士達を眺めながら、勝てぬ戦と悟ります。
 
 実盛にとって、ここ加賀の地は、実は生誕の地であり、実盛を知るものは大勢この地におりました。そしてその殆どが今は、義仲に味方しています。その中に斬りこみ 討ち死にするはもとより覚悟のうえ・・・が、決して見苦しい死に様は見せられない。故郷に錦を飾るという言葉があるように、討ち死にすれば、必ずや、実盛が何を着て帰ったか、その装束さえも噂の種になる。ましてや、このたびの戦の敵はあの義仲。無様な姿で挑むわけには到底いかぬ、たとえ討ち取られようとも。
実盛はそう考えていたのでございます。

 「因果よのう・・・。命を賭して守った源氏の夢、今、見事に咲き誇る源氏の命。その姿を見て果てるのもわが身の定めか」ひとり呟く実盛でありました。   

 翌朝、篠原に一陣の風が吹きます。義仲の合図で法螺貝が吹き鳴らされると、源氏軍は一団となって平氏軍に突撃いたします。もとより浮き足立っている平氏の兵は、その迫力に押され、数人が退却し始めると、他の者もこぞって逃げ始めます。追う人馬と逃げる人馬に辺り一面、砂塵の雲が湧きあがります。源氏の一番大将、手塚太郎光盛は、雄たけびとともに馬に幾度となく鞭を入れ平家軍を追います。  

 突然、光盛の馬が仰天したかのようにいななき、前足を大きく振り上げます。はて、なにごとか、光盛は周囲に目を配ります。すると、砂塵の幕が晴れかかるその先に光盛は見ます、逃げ惑う味方の兵士達を背に、たった一騎、ゆっくり、それでも確かな足取りで近づいてくる見事ないでたちの侍を。赤地の錦のしたたれに、萌黄おどしの鎧を着て、鍬形を打った兜の緒をしめ、黄金作りの太刀を帯び、二十四挿したる矢を背負い、化粧も見事な弓を持って、連銭葦毛の馬に金覆輪の鞍を置いて乗る、・・・総大将かと見まごうほどの武者・・・。もうお解りのことと思います。実はこの武者こそ、斉藤別当実盛なのであります。

 「きっと名のある武士に違いない」光盛に緊張が走ります。と、その時、手塚の馬が再度いななくと、小石をその武者に弾いてしまいます。その武者は少しも慌てず、その小石を手で払いよけ、馬に一言。「無礼者!」その武者の毅然とした姿に光盛は思います。この冷静沈着な振る舞い、機敏な動き、なんと理解しよう。まるで戦装束を纏った仏のような・・ 畏敬の念が光盛の心に広がります。  

 光盛は馬から降りて馬上の武者に相対します。
「我こそは木曽御大将義仲公の一番大将、手塚太郎光盛なり。手前がお相手仕る。が、その前に貴殿の名、お聞かせ戴きたく候 」

 その武者は静かに馬から降りて答えます。
「さすが、義仲殿の筆頭大将。肝が据わってござる。そちを見下げるわけではないが、仔細あって名は名乗らぬ。しかし、木曽殿は、我をよくご存知のはず。手塚殿と申されたか、はやく世の頸を取って木曽殿にお見せし、そなたの手柄になさるがよかろう」  
実盛は、話はここまでとばかりに刀を抜きます。それを見ていた光盛手勢のひとりが、背後から斬ってかかりますが、実盛の振り向きざまの一太刀でその将兵は斬り倒されてしまいます。光盛は、味方の手勢に手を出さぬよう一喝すると、実盛の前に進み太刀を構えます。実盛もそれに答えるように上段に構えます。時間が一瞬止まったようでした。  

 と、一閃、実盛が光盛めがけ斬りかかります。が、光盛はすばやい動きで身をかわすや、すぐさま実盛の鎧の隙間めがけて刀を突き刺しました。二人は重なるように立ったまま動きません。やがて実盛が片膝を地に付けると、実盛は、光盛の身体から滑るようにゆっくりと崩れ落ちていきます。横たわった実盛のわき腹からは赤い鮮血が噴き出しています。これでよい。やっと終われるのだ・・・ 実盛は安堵の表情を浮かべると、静かに息をひきとったのでございます。  

 光盛は、地に伏す実盛に一礼すると手早くその頸を討ち取ります。勝どきをあげる手勢を見渡すと、光盛は馬上の人となり、実盛の頸を携えて、西の方角、手塚山という小高い丘に陣をとる義仲の元に馬を走らせます。

 陣に戻った光盛は、白布に包まれた頸を差し出し、義仲に戦いの模様を報告をいたします。
「侍かと思えば錦のしたたれを纏い,大将軍かと思えば続く兵はなし。若きものかと思えば、あまりに皺の多きこと、老いたる武者かと思えばこのように髪、髭ともに黒々として、その動きも機敏、一体なにものでありましょうや」
 白布から現われた頸を見て、配下のひとり、地元の武将で実盛とは古いつきあいのあった樋口次郎兼光は、
「ああ。無残や、実盛では?」と言います。

 まさかとは思いながら義仲は、苛立たしげに言います。
「それなら、今は70を超え、まったくの白髪になっておるであろうに」
恐縮しながら兼光は言います。
「かねてより、実盛殿は、白髪が目立つようになってきたら、黒々と染めて戦に向かう。老いたるものとして侮られるのも、情けを受けるのもどちらも嫌じゃ。と申しておりましたから・・ 」
光盛が言います。
「確かに、気骨あふれる潔い最期でありました。世の馬が、小石をこの者に弾いた時など、無礼者と言い放つ余裕を見せたほどでございます」
「無礼者とな・・」
この言葉に義仲は反応します。義仲の表情が徐々に悲しみに満ちたものに変貌してゆきます。取り巻きの武将達も初めて見る総大将の顔でありました。無理もありません。今回出陣の折、義仲は、将兵一同に戦場にて実盛と名乗る武将に出会っても、討ち取らぬよう伝えてあったのです。義仲の胸中を察し、軍全体が水を打ったように静かになります。  

 義仲は、実盛の頸を無言で胸元に抱くと、傍らの小さな池へ、とぼとぼと歩み寄り、そのほとりでその頸を洗います。すでに、髪の根元は汗と泥のせいで、元の白髪が顔をみせています。しかし、義仲は清めるがごとく長々と髪を洗い続けます。後方では、光盛、兼光らが、義仲の落胆ぶりを気遣いながら、その所作をただ見つめていました。

 やがて義仲の背中が震えだします。最初、小さかった嗚咽はやがて叫びとなり、前身を打ち震わせて泣き叫ぶ「荒くれ者義仲」に周りの誰もが、もらい泣きしたと伝えられています。義仲にとって「こころの父」であった、斉藤別当実盛の最期でありました。  


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL