FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPコラム ・ エッセー ≫ おひなさまは美しい

おひなさまは美しい

3月3日、または3月の初めの巳の日に水辺で災厄を払う中国の風習が伝わったのがひな祭りの原点といわれる。人の穢れをうつした人形が流される風景は「源氏物語」、「枕草子」にも出てくるのだが、その災厄を祓う人形はいつしか女の子の玩具となり、子供の成長を願う桃の節供となった。

この季節、段飾りの雛人形をよく目にする。どれもこれもとても精緻に作られており目を見張るばかりだ。子供のおもちゃや衣装を着せつける道具として発展してきた欧米における人形づくりとは異なり、日本では、雛人形、市松人形等々 とても精緻であり、また文化的にも重宝されながら発展し今日がある。

薄暗い和室にポツンと和人形が置かれていたりなんぞすれば、小生、そのあまりの精緻さにおしっこに行けなくなるくらい怖いこともある。美しさと怖さは相補的なものであるから、パンツを濡らすまでもなく人形は美しい。嵯峨人形、加茂人形、御所人形 ・・・

雛人形にも、お公家さん仕様の有職雛から写実的で豪華な古吟雛まで、其々に特長があって怖いほど面白い。このような日本の伝統的な創作魂は現在へと引き継がれている。形を変えず保存されてゆくものの多いなか、人形作りに新しい風を吹き込む作家もいる。

かつて経営していた店舗のピロティに友永詔三先生の作品を飾ったこともある。妖艶な人魚像は多くの客人の眼を奪った。個人的には、最近ならば、四谷シモンの創作動向が気になるところだ。

若い頃には、「実験人形ダミーオスカー」を漫画喫茶なんぞでこっそり隠れ読みもしたが、(;^_^A 
象だけのものに命を吹き込むなんてまさに神業。人形が美しいのはひとが神の技を真似ているからなのか。。

蛇足はこの辺にして、まー、そのうち、雛人形もいろんなバリエーションが出てくるのではないだろうか。古典的な従来の枠にはまらないお雛様がもっとあってもいいと思う。

つまらぬ過去のコラムもどうぞ。

あな、おそろしや → クリックしてね。

/// 追記

* 今朝 (この記事をアップした翌日)、NHKのチコちゃんに教えられたんだけど、多少、このコラムに認識不足があったみたい。その点だけお含みおきいただきお読みください。3年も前のブログ記事だから許してね!



 

関連記事

Comment

紹介
日本語の起源・言霊百神
2019.03.23Sat 20:08 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL