FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP日記 ・ 雑記 ≫ 癒しの言葉ってどんながや?

癒しの言葉ってどんながや?

このところ地方局のテレビアナウンサー、その土地の方言を好んで使っているんだけど、アレって、当然だけどワザとだよね。

けど、あんまり多用するもんだから、ニュースの原稿読みでうっかり出ちゃったなんてことないのかな?なんて、他人事ながらちょっと心配になる。

余計なお世話と言われそうだけどね。そこはやっぱりプロ。何といっても人気商売、親しみやすさこそ大事と言うことなんでしょう。でもさりげなく鼻につかない程度にね。

当院のようなお店ではどちらがいいんだろう?標準語じゃ慇懃無礼みたいだし、かといって方言丸出しもどうだろう、ちょっとばかり失礼にあたるかな?

学生時代は関西、就職は東京、出張では名古屋はもより、東北・西日本や九州を行ったり来たりで、どこの言葉も喋る分にはストレス、今も感じない。

いっそのことお客様に合わせてみようかと思うも、当院 哀しいかな全国区ではない。

行き着くところ、やっぱり加賀なまりの金沢弁もどきの適度な訛り、さらりとした敬語ながら丁寧な言葉遣いがベストなのか。いやいや、最近 世間を賑わせてるノリピーの若かりし頃ように オリジナルの喋り言葉をあみ出してもいいのでは。

考えれば考えるほど「ギザ!マンモスムズイッス!」




 加賀言葉は癒しの言葉!

ニャアニャ・・・娘さん

オッカ・・・・・母 

ネンネ・・・赤ちゃん 

オンドベ・・・尻

アンニャサマ・・・奥様 

オワンサン・・・主人  

ウラ・・・私  

アンカ・・・兄または成年男子 

ヘゴムク・・・横向く

デンジャ・・・どうしたの 

ダラケ・・・馬鹿者   (娘娘饅頭しおりから引用)


都電の車両内で耳にしたら、その発してるお人は加賀の出身。いまどき、こんな人いる訳ないかぁ・・ 


 
関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL