FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP日記 ・ 雑記 ≫ もくれん本家の棒棒鶏のレシピ

もくれん本家の棒棒鶏のレシピ

 もくれん風冷製パスタに韓国チヂミと過去に2つのレシピを紹介して参りましたが、今回は中華料理、前菜の定番「棒棒鶏」です。

カロリー控えめで高タンパク、それでいて簡単な料理
長女に続いて来春から東京へと進学する食いしん坊な次女に渡すレシピです。

姉妹で一緒に住まう予定ですが、お料理にお洗濯、お掃除と役割を分担しながらの娘達だけの生活、果たしてうまくやってゆけるものかとかなり心配です。
 

さて、この料理を作るうえで守ってほしい点が3つございます。
それはレンジを使わないこと、蒸したあと半日放置すること、完成後冷蔵庫で冷やしてから食べること。
これらを怠るともくれん流とは言えなくなります。

それから”八角”は必ず入れて蒸しましょう。茹でるなどは論外です。食べるときはどこかの葱ラーメンのように白髪ねぎをケチっては駄目。ふんだんに盛りましょう。葱好きにはたまりませんね。

料理の材料 : 鶏むね肉(お好みで、もも肉)1枚  葱の青い部分  八角1個 生姜1かけ 
酒(紹興酒OK)大さじ2 あらびき胡椒 少々 塩少々 プチトマト2~3個
ソース材料 : 葱の白い部分、醤油適量 ごま油 ラー油 
市販の胡麻だれ(できればピーナッツの入ったもの) 砂糖少々 白胡麻少々



もくれん本家「棒棒鶏」の作り方

1.鶏のむね肉1枚にあらびき胡椒をまんべんなくまぶして深皿に入れます。そして大さじ2杯のお酒を振りかけ、さらに八角1ケを半分に割って肉の上下に、またスライスした生姜6枚を上下に3枚づつ置きます。葱の青い部分も肉の上に乗せます。

2.1.を25分蒸し器で蒸します。蒸し終わったらそのまま冷めるまで待ちます。途中、蓋は開けないで下さい。その後、深皿から取り出し、塩少々を振りかけ冷蔵庫で冷やします。深皿に残った蒸汁は取っておきます(ゼラチン状になっている場合もあります)。

3.葱の白い部分を半分に切り、ひとつはみじん切りに、もうひとつは白髪状にし、水に浸けておきます。

4.胡麻だれに醤油、ごま油、ラー油、砂糖、2.の蒸汁、3.のみじん切りの葱、指先で捻り潰した白胡麻少々をそれぞれお好みの量で混ぜ合わせるとソースの完成です。オリジナルで豆板醤を入れてもよいでしょう。

5.よく冷えた鶏肉をお好みの厚さに切り、皿に盛ります。その上に白髪葱を盛り付け、輪切りのプチトマトを散らして出来上がりです。最後に4.のタレをたっぷりと振りかけます。

 
関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL