カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP日記 ・ 雑記 ≫ 蕾ほころび山笑ふ

蕾ほころび山笑ふ



山のの蕾もようやくほころびました。



今日のお弁当はホットモットの「のり弁」です。リーズナブルなのに美味しいんだよね。

一息ついて、展望台に登ります。



視界の右、霞のなかに小さなこぶがふたつ並んで見えますが、あれは日航ホテルと県庁舎でしょうか。眼下の左手、小高い丘に建っているのが辰己が丘高校。北陸大学のグラウンドも確認できました。

左に転じれば、山並みの下にまあるい屋根のプラネタリウム。あそこの見晴らし駐車場から登ってきたのです。



いや~  我ながらよく登ってきました。ほんと、久しぶりにいい運動になりましたー (*‘∀‘)  山も笑っていますが、膝も嗤っています。

「山笑う」は春の季語、「山滴る」は夏、秋は「山粧う」、冬は「山眠る」。そして、「膝嗤う」は一年を通して使えます。ただし、季語ではありません。では、何なのか? それは「きご」です。・・・ キゴヤマだけに。



 ここで一句。 「山櫻 蕾ほころび 膝わらう」   於 キゴ山 




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL