FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP日記 ・ 雑記 ≫ 金石の酒饅頭

金石の酒饅頭

金石の本龍寺に納骨。こちらには蓮如上人のお墓があります。

fc2blog_20151018235904fb9.jpg 

安宅彌吉翁は金石の発展に尽力されたそうです。住職のお話では、金石には安宅の姓を名乗る方は少なからずおられるとのことでした。

銭屋五兵衛翁のお墓のお隣の石碑には先祖の名が記されてました。安宅産業の本社が大阪にあったことなど、安宅は関西に縁があるようで関西地区には安宅姓は多々見受けられます。

子供の頃、「安宅」の姓は珍しく、しばしばどう読むか聞かれることもありましたが、そんなことも今では少なくなったような気がします。全国的に認知されるようになったのは、多分「安宅家の人々」という吉屋信子の小説が数年前にドラマ化されたことがきっかけだと考えます。テレビドラマ化に加えタイトルに姓があることもあり、全国的に認知されるようになったのだと思います。



束の間の街歩き。

本龍寺さんからさらに奥に入ると、とおりまちという通りに出ました。金石西というバス停があります。江戸時代には、上通町と下通町に別れていて大店もあり、人通りも多く賑わっていたそうです。

名店の福寿司。昔、一度だけ父に連れられてきたことがあります。



酒饅頭が美味しいと当院のお客様に教えていただいた樫田堂。ふわふわの生地に優しい甘さの餡子が絶妙です。



甘いものも好きだった父。お供えします。

酒まんじゅうとは関係のない姓の話に終始してしまいましたね (*‘∀‘)




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL