FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP日記 ・ 雑記 ≫ ひごとながむる大白山のなつかしきかな。

ひごとながむる大白山のなつかしきかな。

長女が温泉に招待してくれました。金沢から小一時間くらいの片山津。この地は私の産まれ育った地であり、両親の住む実家もあります。宿泊は矢田屋松濤園。かって私の祖父が経営していた旅館です。今は大手に売却されてはいますが、屋号は昔のまま残されています。現在の社長さんも運営システムは違いこそすれ、綿々と続く歴史と品格を大事に考え経営されておられるようで嬉しくなります。

お料理も美味しくいただきました。2月に泊まらせていただいた折のお献立も幾つか撮り収めましたので、それも併せて掲載します。盛り付け、器も品があり、目を楽しませてくれます。













旅館の朝ごはんはついつい食べすぎてしまいます。




















浮き御堂が情緒を醸しだしています。

ロビーには歴代総理の書がずらり。











祖父母と伯父、伯母の若かりし頃。政治家だった二人だから、政治家の方々はもとより皇室関係の方もたまに来館されていたようです。



幕末から明治維新にかけて活躍した桂小五郎の書は特に目を引きました。



片山津からの眺めが素晴らしい大白山。懐かしきそのふところに戻ることのできた一日でありました。












関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL