カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 小説 ・ 小話
CATEGORY ≫ 小説 ・ 小話
       次ページ ≫

雷雪の如く 12.

地元の男ふたりには帰る様子が全くない。知らず知らずに膝を揺らしている自分に気づく。貧乏ゆすりをしていたのだ。
背広姿の男は吸いかけの煙草を灰皿に突っ込むとおもむろに立ち上がった。
「ママ、勘定」 奴も痺れを切らしたらしい。
「あら、もうお帰り?」
「また、今度にするよ。新たな情報もなさそうだし。景子から連絡があれば、とにかく、いの一番に電話を入れてくれ」
そう言うと男はドアに向かった。華は男を追うようにカウンターを出ると、掛けてあったコートを手に取って男が袖を通すのを手伝っている。だが、彼女の視線はこちらに投げられており、「あなた、どうするの?」とでも言いたげなそぶり。
こうなれば、もう決断するしかない。
「あのー、たった今、景子と仰いましたよね」 男の背中に思い切って言い放った。
男と華が振り向く。
「確か、景子と・・・」
「ええ。あ、あなたは?」
男はコートのポケットから革の手袋を取り出し嵌めている。
「もしかすると、あなたは漆田景子を知っておられるのではないかと・・」
「そう言う、あなたは、、どちらさまで?」 男はこちらから視線を逸らさず再度尋ねた。
「お、弟です。姉と連絡が取れなくなって心配になり・・・」
男の薄い目が大きく見開く。
「そうでしたか。これは奇遇です。私も景子さんを探しているのです。景子さんから弟君がおられることを聞いておりましたもので、あなたを訪ねて東京に出向こうと考えていたところなのです。まさか、こんなところでお会いできるとは・・」
多少、興奮しているようだが、どこか冷めているようにもみえる。感情を表に出さない性格のようだ。
「立ったままでは何ですから。さ、さ、二人ともお座りになって」 華は男の背中を押してソファーに導いた。

「ママ、お勘定!」カウンターのひとりが声をあげた。
「はーい、ただ今」 華が離れて、男二人がブースの前に残される。

「私、井上慎次と申します。景子さんとお付き合いさせていただいておりました」
「漆田敦也です。姉を探しにやってきました。お会いできて嬉しく存します。是非、姉についてお聞かせいただきたいのです」
「もちろんですとも。立ち話もなんですから」
井上は漆田に腰かけるように促すと、再びコートを脱いでソファーの横に追いやり隣に腰かける。袖口から高価な時計が覗いている。

初めて恋人の弟に会ったにもかかわらず平静を失わない男にどこか違和感を感じる漆田であった。



雷雪の如く 11.

 「スナック波奈」に着いたのは9時を少し過ぎた頃だった。扉の鐘の音を鳴らして店内に入ると、すぐさま、「いらしゃいませ」のハスキーな声が響いた。声の主である華と目が合う。微かな目配せと愛想笑いに親近感を覚える。華はカウンターの向こうから出て私をブース席に誘導した。カウンターに客が3人、いずれも男。ブース側には誰もおらず、私 ひとりが占領する形となった。

セットされていたカラオケ曲のイントロが始まった。懐メロだ。二人連れの男の一人がマイク片手に咳払いをしている。華がおつまみを持ってきた。そして、スツールに腰かけ、熱々のおしぼりを差し出す。

「いらしゃい。遅かったのね。じゃ、いつものでね。マッカランの12年でしたかしら。新たにキープしておくわね」
「いつものって何だい。まだ、なにも・・」
「しっ、黙ってて。 もう、来てるのよ」
華は人差し指を立てて唇にあてがうと後ろに目を遣れと横目で促す。さらに、
「あなた、何しに来てるのかしら。少しばかり気にするところが違うんじゃない。お勘定のことなんか気にしてる場合?」
華は小声でたしなめるように言い、再度、顎を微かに動かし、カウンターの男に気を向けさせようとした。
「例のしんちゃんか」 含み笑いを押さえながら小さく頷く華。しめしめといった表情だ。

カウンターの奥の席には背広姿の男がひとり。襟足の黒髪が長い。側頭部の髪は油で塗り固められライトに照らされ光っている。大音量のカラオケ演奏に乗せた聴くに堪えないガナリ声が響くなか、その男は両肘をカウンターに突き、静かに紫煙を燻らせている。カラオケに興じている男たちとは同じ空間でありながら全く別の世界にいるような異質な雰囲気を醸し出している。

華はウイスキーのボトルと氷の用意のために一旦、カウンターに戻った。カラオケを終えて満足げな男は何やら二言三言、華と言葉を交わすと二人目の男の歌を一緒になって探し始めている。華は例の男とはまるっきり言葉を交わさない。視線すらも合わせない。男もただ静かに酒の陳列されたガラス棚を眺めているだけ。込み入った話をするにはあの二人連れが邪魔なのだ。ここは奴と同様、じっくりと腰を据えて待つしかない。

冷静に事を見極めようとする一方、それとは全く別の気持ちも頭を擡げ、もうひとりの自分が耳元で囁きかける。

・・・・ ‶ しんちゃん″なる人物は病床の姉の母の足となり通院の手助けをしていた。この華の話に嘘がないなら、決して悪い奴ではないはず。今ここで、この男に自らの身上を明かし、知りうる全てを聞き出したい。そのことが早く姉に会うための一番の近道ではないのか。何を躊躇っているのだ? 漆田敦也よ ・・・・ 

漆田の心は揺れ動いていた。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村






雷雪の如く 10.

   食事が終わる頃になってようやく女将が部屋にやってきた。宿泊客への挨拶回りが長引いてしまったらしい。お食事の時間を見計らって客の部屋に挨拶に出向くのも女将の仕事のひとつで、常連の客には酌のひとつもするらしい。客のなかには女将にここぞとばかりに返杯を強要する者もあり、断り切れないことも少なくないという。今日はたまたまそんな客に遭遇してしまったとのことだ。遅くなったことの弁解である。女将が客の勧めに好んで応じているのか そうでないのかは別にして、老舗の旅館と言えども水商売、女将となれば大変な仕事には違いない。酒も嗜むどころかイケる口でなければ務まらないのかも。

「姉が姿を消した理由が知りたいのですが、女将さんは何かご存知ですか?」
小夜がパントリーに戻る時を見計らって女将に聞いた。
「どうでしょうか。本当のところは分かりません。ただ、静香さんがお姉さんの彼氏に熱を上げてしまって。その事がいたたまれなくて自ら身を引いたのかと。なにせ、雪さんは静香さんと仲良くしてましたので・・・」

「その彼氏は今どこで何をしておられるか、女将さんはご存知ですか?」
「いえ。どうしているのかしら。雪さんとふたりでいるところを一度、街でみかけましたわ。だいぶ前のことね。背が高くて大人しそうな人。雪さんが大阪から湯涌に越してくる時に彼も一緒に金沢に越してきたと聞いたことがあります。お付き合いしているには違いないのでしょうけど、其々のお仕事の関係で一緒に住むことは断念したみたいね。当時、彼は金沢のホテルに勤めているって雪さんから聞いてますけど、どこだかは存じ上げません。互いの休みの日を合わせるようにして頻繁に会っていたようですわ」 と、女将。語尾が流れるのは少し酔っているせいなのか。ただ女将はそれを悟られまいとしている。

「男の名はご存知ですか?」
「しんちゃんって言ったかしら。いつも雪さんの話のなかに出てきてましたので 多分間違いないと思います。ちょっとだけ年下じゃないのかしら、雪ちゃんより」
今晩、「スナック波奈」にやってくる男が ‶しんちゃん″なのだろうか。その男は本当に姉に愛されていたのか?自分と変わらない年齢のその‶しんちゃん″と呼ばれる男は。。

「静香さんが御社をお辞めになったと聞きましたが、理由はお聞き及びですか?」
静香の話題に切り替えた。
「静香さんね ・・・」
女将が口を開こうとすると襖の向こうから声がした。小夜がデザートを持って入室してくる。
小夜はおずおずとした仕草でデザートの品を供する。黒豆を寒天で固めてきな粉を塗したような一品だ。
「小夜さんは何かご存じありませんか?静香さんについては?」
小夜はハッとして女将に視線を泳がせる。
「そうだわ。小夜さん!あなた、何か聞いていることあると言ってたわね。いいのよ。言ってみて。お世話になった雪さんの弟さんがそう仰ってるのよ」
「で、でも、女将・・」
小夜は口籠る。その様子を見て女将が意を決したように話し始める。
「実はね、漆田様。静香さんには悪い癖がありましてね。その悪い癖がある時、ひょんなことで露呈しましたの。ご本人も大変な事になったと思ったのかしらね。何を思ったのか、静香さんは咄嗟にその悪さを雪さんに被せようとなさったの」

「その悪さとは何ですか?」
「盗み。お客様の財布が中身ごと無くなってしまったの。結構なお金持ちのお客様で財布には現金で50万くらい入ってたって。あの時は本当に困りました。交番に相談して従業員総出で家探しましたの。現金の他にもカードがいくつも入ってたのですが、カードだけは旅館の裏山に捨てられていたのが発見されたのです。お部屋の担当が雪さんでしたので、彼女のアパートにまで行って彼女の部屋のなかを探しましたのね。勿論、雪さんの了解を得ての事よ。雪さんも自分の身の潔白を証明したかったのね。すぐに了解してくれましたわ。駐在さんにも立ち会っていただいて部屋のなかをとりあえず形だけのつもりで探して回ったのです。すると、どうでしょう。ありえない様な話なのですが、なんとその財布が見つかりましたの。ベランダに置いてあったツールボックスの中から。それはもう、皆 びっくりしました。でもそうね。一番驚いていたのは、、恐らく雪さん」

「その後、姉はどうしてましたか?」
「私ではないと言い張ってましたわ。だけど、どこか思い詰めているようなところもあって。。薄々感じていたんじゃないでしょうかね、静香さんの仕業でなかろうかと。静香さんはまるで自分の家のように雪さんの部屋に出入りしてましたから」
「私の知ってる姉はそんな事をする人ではありません。お話のように静香さんが頻繁に姉の部屋に出入りしていたのであれば、静香さんは限りなく黒に近い・・・」
「勿論、私も雪さんがやったとは思っておりません。主人も、そして小夜さんも。ねえ。小夜さん!」
女将は小夜に振る。小さく頷く小夜。

「皆、静香さんがやったのではないかと疑っておりますの。でも、どこにも証拠はありません。結局、真相は解らず仕舞い。ただ、財布が雪さんの部屋で見つかったものですから、会社が掛けていた盗難保険は下りず、お客様には私共で全額弁済させていただいた次第です。雪さんにはそれが最も辛かったのではないでしょうか。働きながら少しづつでも必ずお返ししますと言ってましたの。泣けてくるほど律儀でしょう。だから、駐在さんには内々に治めてほしいとお願いしましたの。雪さんのこともよく知っている駐在さんですから、雪さんが犯人になるようなことはしないと承諾していただきましたのね」

「その後、姉と静香さんはうまくやってましたか」
「まあ、雪さんは大人ですから ー 雪さんがどんな気持ちで仕事していたのか知らないのですが、多分に腹立たしかったのではないでしょうか。私の推測ですが。そんな時です。彼が静香さんの前に現れた。。」
「姉の彼氏ですか?」
「そう。その彼氏と静香さんがどんな因果で巡り合ったのかは存じ上げませんが、静香さんがその彼のことを一方的に好きになったようで。。人の物を盗るのが余程好きみたい。どうしようもない娘だわ」
「静香さんのなかでは、姉は邪魔な存在になったということですか?」
「そうね。でも、雪さんに対しては例の盗難の件も心苦しかったのでしょうか、一方では雪さんのことをとても気にしており、心配していたようです。よくは分りませんけど、静香さんはそれほど性根の悪い娘ではないのかもしれないと、、思っておりますの」
「女将さんが、、そうして甘やかすから 。。」
小夜が不服そうに口を挟む。

「私共もこんな失態、あまり世間様に広がっては困りますもので。多分、主人も漆田様にはお伝えしずらかったのでしょう。どうぞ、その点をお含みおき下さい」 
女将は最後に深々と頭を下げ、話を締めくくった。

姉は静香に拉致されたのか。いや、女ひとりにそれは容易なことではない。姉の彼、‶しんちゃん″と呼ばれるその男が一枚、嚙んでいるのではないだろうか。

-今晩は途轍もない長い夜になる- 漆田にはそう思えて仕方なかった。

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村

👆 ランキングに参加しています。どうぞワンクリック、宜しくお願いいたします!



雷雪の如く 9.

 華からは、姉の生活ぶりについては多々聞くことが出来た。そのなかにはいくつか自分の知らない情報もあった。今後、捜索を続けていくうえでの足掛かりとなる情報だ。ひとつに、姉が湯涌に来たのはこの地でひとり暮らす実母の世話をするためだったこと。そして、その母は姉の献身的な介護の甲斐なく一年前に亡くなっている。ふたつに、管理人の村井が言っていた通り、姉には大阪から一緒に来た男がいること。そして、その男は姉の恋人に違いなく、現在、金沢でひとり暮らしている。また、姉の母が亡くなるまで、男は湯涌でホテルマンとして働きながら、姉の足となって母の通院の手助けしていた。

姉の母には会ったことはないが、美しい人だった聞く。いや、確かに美しい人だった。子供の頃のことだ。姉と私は父の書棚から古いアルバムを引っ張り出して広げていた。私はそのなかに気になる一枚見つける。そこには若い父の腕のなかではにかむように微笑む美しい人が写っていた。どこか大好きな姉にも似ている。私は姉に「この人は誰なのか」と写真の人を指さし聞いた。その時、姉は静かに言った。「私のお母さん」と、それはもう消え入りそうな声で。幼いながら、私はその哀しい響きに何もわからず泣き出してしまった。当時より、父を捨て別の男に走ったとの噂はあったが、私自身、信じてはいなかった。姉の母に関しては父も多くは語らず、私も母に聞くことはしなかった。しかし、まさか、こんな辺境の地でひっそりと余生を送っていたとはー

姉を取り巻くおおよその外郭はみえてきた。しかしながら、華からは、姉の身に何が起こったのかという事の真相、核心に触れるものは出てこなかった。それでも大きな収穫があった。姉の恋人らしきその男が今夜、この店を訪ねてくるという。昨日、店に電話があったというのだ。姉と飲みに来ていたことも何度かあるらしいが、華自身、姉の恋人だと言うだけで、男のことはよくは知らない。姉を囲んでおしゃべりしたり、カラオケでデュエットしたこともあるが、それはあくまで仕事の内で、姉とは気易かったが、男とは客以上の付き合いはないとのことだ。口数が少なく取っ付きにくい男だそうだ。いずれにしろ、この機会を逃す手はない。男に直接問うてみるのが一番の近道だ。姉が男のもとに身を寄せているのならばそれはそれでいい。万が一、その男が姉を同伴してやってくるなら、それもそれで静かに受け止めたい。ただ、華が姉と懇意であれば姉が華に居所を教えないはずはなく、華が姉の消息を知らない以上、その可能性は無きに等しいとは思うが。。

店の客に混じり 男を待つ、というのはどうだろうか。店で待ってると事前に知らせることも考えたが、姉の肉親だと知って変に構えられては男の素の部分までは知り得ない。この際、どんな男なのかを遠目でじっくり観察しておいてもいいだろう。姉の恋人と弟が偶然この店で居合わせるという算段 ー ありえなくはないだろう ー 華には、いずれ素性は知れるにしてもそれまでは何も知らないふりをしてほしいと頼んだ。華は一瞬、怪訝は表情をみせたが、すぐに了承した。


 宿に戻ると女将が待っていた。
「お待ち申しておりました。漆田様。まずは、お風呂でゆっくりとお疲れをお取りくださいまし」
派手な着物に目を奪われる。帯もかなり高価な品ようだ。これでは客が主役なのか女将が主役なのか分からない。指にも大きな石が輝いているが、それが返って筋張った手の甲と浮き出た血管を目立たせている。気の強そうな顔立ちに華奢な体つき。歳の頃は60半ばといったところか。大きく開いたうなじは加齢とともに失われゆく色香を惜しまず出そうとしているかのようで、それこそ、ここにこの女の色気の本質があるのではないかと思った。

「雪さんの弟さんでいらしゃるのね。さぞかしご心配のことでしょう」
「お話をお聞かせいただける時間はありますでしょうか?」
「それならどうかしら。ご夕食の時にお部屋にお伺いさせていただくというのは」
「ありがとうございます。女将さんさえ宜しければそれで。姉が突然いなくなり、ただでさえ、ご厄介おかけしておりますのに」
女将であれば静香という仲居についても何か知っているかもしれない。あるいはそれ以上のことも。

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村

雷雪の如く 8.

 華はこちらに背を向け、食後のコーヒーを淹れている。少し喋り疲れたのか 今は大人しい。食事中は、他愛のない話で俄然 盛り上がった。酒や食の嗜好から仕事にまつわる事まで話は尽きない。一方的に話題を持ちかけては矢継ぎばやに言葉を繰り出してくる華に対し、こちらは唯々、相槌を打つだけだ。

普段、客の話を聞くばかりで、ある意味、それが彼女の仕事であるから、一旦、これは仕事でないと心のなかで割り切ってしまうと、聞く側から話す側へと知らず知らずにシフトしてしまうのだ。それでも、流石にひとつの店をあずかるママだ。話も面白く、結構楽しめた。料理のほうも、ことのほか美味しくいただけた。あけすけな性格のようだが、意外と家庭的な女なのかもしれない。

「ねえ。あなた。さっき、湯涌には用事で来たと言ってたけど。お仕事は金沢で?」
華はコーヒーをやんわりと差し出した。そしてシュガーポットの蓋を開け、立てかける。水商売の女にありがちなさりげなさ。
「実は、姉を探しにきたのです。突然連絡が取れなくなってしまって。華さんにも、お聞きしようと思っていたところなんです」
華は目を大きく見開き、口元に手をやる。かなり驚いた様子に一瞬こちらも面食らう。

「あ、あなた。もしかすると、雪ちゃんの弟さん?」
「はい。漆田敦也と申します。姉は景子と申します。腹違いの姉ですが、私の最も大事な人なのです」
「ああ、やっぱり。雪ちゃんは弟さんにも連絡していないんだ。。あたしもずっと心配してたんだけど。こっちが嫌になって多分、実家にでも戻ったんだろうと。。そう思うようにしてたのに・・・」 華が顔を歪めて言う。

「ご存知なんですね。姉のことを」
「ご存じもなにも大の仲良し。よくここで色んな話をしたわ。そう、今あなたが座ってるその席が彼女の指定席。客の引けた後はあたしも隣の席に座ってね、朝まで飲み明かしたことだってあるの。でも、大の仲良しと思っていたのはあたしだけなのかって。。」
「華さん!色々聞かせてください。姉があなたと何を話してたのか。いなくなる前はどんな様子だったのかを」

漆田は感極まった様子の華に詰め寄った。