カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ 餅つき
TAG ≫ 餅つき
      

年の瀬を迎えて 


 もちつき1

111230_103821_ed.jpg 

毎年恒例のおもちつき。搗いたお餅は元旦にお雑煮にしていただきます。鏡餅については、手のひらで餅を板の上で回転させながらまあるく固めます。のし餅は市販のビニール袋に入れて棒で均等に伸ばして作ります。

ひと汗かいた後は、黒壁山の「くまんぼさん」へとお参りに出かけました。昨夜から降り積もった雪の為、「奥の院」には行くことができませんでしたが、本堂では、しっかりとお参りさせていただきました。ここの正式名称は「黒壁山薬王寺九萬坊大権現」といいます。霊験あらたかな願祈祈祷の摩所として知られる黒壁については、歴史的にも惹かれるものがあり、また、金沢が生んだ三文豪のひとり泉鏡花が作品群のなかで紹介していることもあって、私としては今回の記事ではなく、また別の機会にしっかりとした形で触れたいと思っています。

大晦日のお昼には、義弟に誘われ、工大前の「池田屋」さんに家族で行ってきました。息子を除いて全員が「プチ」サイズを注文しました。プチとは言ってもかなりのボリュームです。相当にガッツリ系のラーメンですが、スープの底に隠れているチャーシューが蕩けるほどで、スープのお味も最高でした。にんにく入りを申し込んだら、生の刻みがごっそり出てまいりました。これはかなり凄い!!こってり系が好きなら多分ハマると思います。帰郷中の娘が言ってました。キアヌ・リーブスが通いつめたというあの有名な「ラーメン二郎」に似てるって。この極太麺のように太く長く生きれたらいいな。と願いつつ完食させていただきました。有難うございます。

池田屋 

そして、今年一年、本当に有難うございました。