カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ 韓国
TAG ≫ 韓国
      

美脚を叶える♪♪

「少女時代」という韓国のアイドルグループが日本の芸能界を賑わしています。
個性的な美人揃いの彼女達のチャームポイントは歌とダンスの上手さ、そしてスタイルの良さでしょう。
とりわけ、健康的にスラリと伸びた脚は一番のチャームポイントのようです。
今、韓国では芸能界を目指す女の子にとって「美脚」は必須の条件でもあるというのです。

韓国女性の綺麗へのあくなき努力と探究心はこんな結果を生みました。
ソウル市内を闊歩する女性と東京都内の道行く女性を統計的に調べたところ、股下の長さについては韓国人女性のほうが若干長いものの、そう大差なかったようです。ところが、ふくらはぎに関しては日本人女性のほうが太く、平均数センチもの開きがあったとのことでした。・・・朝の某民放のワイドからの話題です。

生活習慣の違いもあるとのことですが、「美脚」を目指すなら、色々参考にしてもいいと思います。美容先進国と言われる韓国では、「その日の足の疲れは明日に残さないこと」が美脚を保つ為の鉄則らしく、多くの女性はテレビを見てたり読書してたりというちょっとした気ままな時間にでも、自分で足のマッサージをしているとのことのようです。

下半身、特に膝下部分は上半身と違い、代謝が滞りがちですから、そんな習慣をつけることは悪くないことだと思います。
ちなみに私の娘もその実践者のひとりです。中学時代、バレーボールで鍛えた太ももが、彼女本人としては相当気に入らないようで、入浴後のセルフマッサージを毎日欠かさず続けていたようです。そんな彼女も今では、その甲斐あって見違えるほどにスッキリとした脚を叶え、学生生活を謳歌しています。

また、この番組では、O脚やX脚の方も日本に比べ 韓国においては少ないと言っていました。正座をする習慣の有無、習慣の違いからくる結果なのでしょう。そういえば、韓国の方は足を組むというより片膝を立てて座っているというようなイメージがありますね。日本の場合、所構わず足を立てて座るというのは憚られますが、ストレッチやマッサージで柔軟性を保ちつつ、血流を阻害しないよう時折解放するよう心掛けることは出来るでしょう。内太ももの筋肉は適度に鍛えるといいと思います。真っ直ぐに伸びた脚へと導く秘訣です。


もくれんのアロマケア「美脚プラン」は、リンパの流れを改善することで浮腫みにアプローチし、筋肉を他動的に揺動させるオールハンドのマッサージで代謝を促します。浮腫みが気になるあなたも、リラックスを求めるあなたも、疲れが足に溜まってきたなと感じたなら、お気軽にご来院下さい。

このプランの回毎の施術料は、特別料金設定(相場の半額程度)となっております。
お客様のお気持ちのご負担も考慮し、回数券などの先払いシステムなどもありません。
バスタブの湯にゆったりと身を委ねてのセルフマッサージ・・・これが一番リーズナブルですが、当院の「美脚プラン」もかなりお値打ちです。精油(別途)を加えると、浸透及び芳香作用による様々な効果も期待できます。