カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ 鎌倉
TAG ≫ 鎌倉
      

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮。

日本三大八幡宮のひとつで、鎌倉幕府の宗社です。



時間が遅くなってきたので、大急ぎで参拝を済ませます。





数年前に倒壊して話題になった大銀杏。ご覧の通りそのまま保存してありました。

歴史を見てきた大木だっただけに消失感は半端ない。

実朝の命を狙っていた公暁はこの木の陰に隠れていて実行に移しました。実朝の死で源氏の政権は倒れますが、その暗殺シーンだけが目に焼きついています。いつ見たドラマだったのかは覚えがありません。

滝沢秀明が義経を演じた大河ドラマ「義経」。このなかにも鶴岡八幡宮を舞台にした印象深い一幕があります。

鎌倉に囚われた石原さとみ演じる静御前が、大勢の御家人達が見つめる中、頼朝の眼前で謀反人 義経を慕う舞いを披露するシーンです。

歴史を真面目に勉強したのではなく、テレビばかり見ていて知り得たことをひた隠しにして息子に歴史を語ります。



鎌倉駅まで小町通りをぶらぶら。

小町通りの由来は何?って息子。
とっさに小野小町?って私。
平安時代じゃん!って息子。

無知が思いっきり露呈する瞬間です。


参道に明かりが灯りました。参道は由比ヶ浜から正面の鳥居まで続いています。



フジTVのドラマ「最後から二番目の恋」で、桜の咲くなか主人公の中井貴一と小泉今日子がこの参道を歩いてましたね。

そういえば、かの「義経」で頼朝を演じていたのは中井貴一ではなかったっけ?

反省なくあくまで テレビにこだわる私。中井貴一と同年です。














世界一の朝食。七里ヶ浜にて

レンタカーを借りて鎌倉に向かいました。今日は、大学に通う息子も付き合ってくれるので、子供たちが全員揃います。

午前中には七里ヶ浜に到着、ビルズで朝食をいただくことにしました。「世界一の朝食をつくる男」と称され、ハリウッドセレブも通うシドニーの人気レストラン 「billis 」。海を望むここ七里ヶ浜店も朝早くから行列ができていました。

予約したものの、多少待ち時間があるので、車を置いて江の電で極楽寺駅に向かいます。







あのドラマでは、中井貴一と小泉今日子扮するふたりの主人公の年齢の合算がなんと100歳 ‼︎ なんて話だったみたいですが、今回の2シーズン目ではどうなんでしょうか。悲しいかな、私たち夫婦の場合はちょっとばかり超えちゃいましたね ^^;



ドラマのなかのお家は実際に住まいされている民家だったりするので、所在地は開示されていないらしいのです。ロケ地巡りも悪くないのですが、たっぷり時間があるのならいざ知らず、ブランチの予約時間が迫ってきているので 今日のところは断念します。



鎌倉やその周辺にはどこか心安まるような独特の匂いがあります。





ビルズに着くと程なく名前を呼ばれ、中央のソファに案内されました。











江の島が遠くにぼんやり寝て~る ♪
このままずっと~ 海を眺めていてもいいような。。


美人姉妹

路地の茶屋   

美人姉妹に出会った

お揃いのワンピース    デザインは微妙に違ってみえるけど

ふたり  とっても  似合ってる

紫陽花色 って言うのかな    

横縞ストライプ    華やかで    品があって・・・   

雨上がりの鎌倉で    

今日も僕は恋をする

120615_154151.jpg 

お義母様とお姉様の若かりし頃。陶芸家であった家内の祖父の自慢の娘ふたり。

当時、道行く世の男性の誰もが振り向く美人姉妹であった。(もとい過去形ではなく現在進行形。過去完了では決してない。(^_^;)

鎌倉_convert_20120626124415 

鎌倉 紫陽花_convert_20120626125157 

鎌倉紫陽花は今見頃を迎えました。