カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ 金劔宮
TAG ≫ 金劔宮
      

金劔宮に参詣。

仕事の合間をみて、鶴来にある「金劔宮」に行ってまいりました。金運が上がると言われている大変有名なパワースポットで、『源平盛衰記』や『義経記』にも記されている由緒ある神社です。金沢に越してきて以来、度々とお参りさせて頂いていますが、知る人ぞ知るあの「龍神様」を撮らせていただきくことにしました。以前に宮司様らしき人から教えていただいた龍で、2年程前に突如その姿を現したそうです。今年は辰年ということもあり、畏れ多いとは存じましたが、震災からの復興が昇り龍のごとき勢いで叶えられんことを祈り、アップ致します(左)

龍 牛石

右は、義経一行が頼朝に追われ奥州へと逃げ落ちる際、ここに詣でこの石に腰掛け、眼下に広がる平野や手取川を眺めたという謂れのある石です。
「悲運の名将かぁ・・・」と呟きつつ、平泉の藤原家に一縷の望みを託そうとした義経の心情に思いを馳せる私なのであります。
また、それより以前の源氏軍が勢いを増す頃、木曽の暴れん坊 義仲が倶利伽羅峠の戦いでの勝利を奉謝し、ここに鞍置馬20頭を寄進したともされ、その後義経も参詣して神楽を奉納しています。パワースポットはいつの時代においてもパワースポットなんですよね。それはそうと、鶴来の由来は「剣」だそうです。鶴が飛来するのかと思ってましたが、そんな筈ないですよね。 ・・と話を締めようとしたら、妻が隣から口を挟んでまいりました。羽を休めに飛来するのだそうです。

見たことないんですけど。。

ちなみに、義仲の活躍や倶梨伽羅での合戦について知りたい方は過去のログにお入り下されば嬉しいです。泣きたい方も是非どうぞ。。タイトル『最期』   

お騒がせいたしました。