FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ 海賊
TAG ≫ 海賊
      

安宅とは大きな船

「安宅って名は珍しいけど、ご先祖さまは何をなさってたの?」
長女が挑んだある会社の最終面接で面接官から聞かれた質問です。

長女は少し考えてこう答えました。
海賊です!」  
口ごもっててはいけないという娘の咄嗟の判断だったのでしょうが、真面目に答える娘の姿に居並ぶ面接官がどっと沸いたといいます。

確か、先祖の出自については海賊だったと先日亡くなった父から聞かされたことがあり、またその職名?を何の尾ひれもつけずに娘に話したことがあったので、それが娘の記憶に残っていて、つい口をついて出たのだと思います。

父から詳しくは聞いていませんが、戦国時代の近畿、淡路のあたりで活躍した安宅冬康率いる水軍が出自にあたるのかも知れません。しかし、それって、あまりに昔の話であって、「私たち面接官はそんなことを聞いているのではないよ」 という笑いだったような気もします。そんなこんなで、少しばかり調べてみると、「安宅」とは当時、大きな船を意味する言葉だったようです。

それが幸いしたのかわかりませんが、内定をいただいたことを付け加えておきます。娘の名誉のために。