カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ 棟方志功
TAG ≫ 棟方志功
      

福光町を歩く その2.

福光の道の駅に立ち寄りました。



近くを流れる豆黒川は、別名「だまし川」と呼ばれています。世界的な版画家 棟方志功が、福光に疎開していた頃に「川のかっぱが人をだました」という伝説を聞いて「だまし川」と名付けたそうです。川辺周辺は、日本の原風景が色濃く残り、志功ならずとも愛おしさを禁じ得ません。懐かしい風景が田畑一面に広がり心から癒されます。ホタルを見られる6月には「だまし川のほたるとかっぱ村祭り」というお祭りも開催されるようです。ふくみつ華山、法林寺、高窪など、温泉も数多いので、どこかでひと風呂浴びた後、蛍の出るころ目がけ、一度 立ち寄ってみようと思ってます。

 

田園の間を走る川沿いに点々と散りばめられているモニュメント。

 

 

 

    

南砺市の春は清々しさに満ちています。