カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ 料理
TAG ≫ 料理
      

冷やし担々麺



冷やし担々麺。東京から帰ってきている息子に何が食べたい? と家内が尋ねたところ、彼は「担々麺」と返答。さらに続けて、家内の作る料理で一番美味しいと。。。

おいおい、担々麺かよ。。あまり旨いもの食わせてないみたいやん!そんなわけで敢えてこのブログで披露。お料理のポイントはある?と家内に訊いたら、麺は乾麺を使用したほうがいいとのことでありんす (*‘∀‘)



ビールのおつまみには 金沢名物「どじょうの蒲焼き」!! この苦み、たまりませんね。


ガンボスープ!



アンティ・リタから教わった我が家の夏の定番スープ。

材料はセロリ、タマネギ、茄子、トマト、オクラ、ニンニク、生姜、エビ、ソーセージ。タイム、オレガノ、ブイヨン。今回はさらに牡蠣を入れました。セロリいっぱいが自分流。

ほうら、出来上がり!(^_−)−☆

夏野菜の揚げ浸し

旬のお野菜を見繕って、ただ素揚げするだけのお料理。素材を揚げたら、めんつゆに漬けておしまい。冷蔵庫で冷たくしていただきます。



今回の食材は、茄子、ズッキーニ、シシトウ、いんげん、オクラ、みょうが。エノキも加えました。


冷やし黒ごま坦々麺



材料は麺、肉味噌、きゅうり、トマト、もやし、白髪葱、黒ごま。カシューナッツはお好みで。肉味噌はひき肉と甜麺醤、刻み葱、生姜で作ります。あとは冷やし中華をつくる要領と同じです。

決め手は何かと言うと、それはスープ。材料は鶏ガラスープの素、砂糖、味噌、黒ごまペースト、醤油、ピーナッツバター。作り方は熱した鶏ガラスープに他の材料を放り込み、かき混ぜ冷やしておくだけ。とどのつまりはテキトーです。

ご馳走さま。美味しくいただきました\(^o^)/




親睦ランチメニューはハワイアン&メキシカン!

スクールの生徒さんを自宅に招いて親睦を兼ねた昼食会を企画。お料理の担当は当スクールのコーチング講師であるKatz君。会社勤めしながら通っておられる方や子育てに忙しいママさんばかりだから「全員が一同に会して」と言う訳にはいかないけど、参加していただいた生徒さんたちは「美味しい!美味しい!」と連呼、大変喜んでくれました。スパムむすびにトルティーヤ、ケサディア、デザートにはマンゴコラータ。生地もサルサも全て手作り。心のこもったお料理でした。

Roasted Pork belly &Chicken.jpg

Black beens & Corn Salsa



もくれん本家の棒棒鶏のレシピ

 もくれん風冷製パスタに韓国チヂミと過去に2つのレシピを紹介して参りましたが、今回は中華料理、前菜の定番「棒棒鶏」です。

カロリー控えめで高タンパク、それでいて簡単な料理
長女に続いて来春から東京へと進学する食いしん坊な次女に渡すレシピです。

姉妹で一緒に住まう予定ですが、お料理にお洗濯、お掃除と役割を分担しながらの娘達だけの生活、果たしてうまくやってゆけるものかとかなり心配です。
 

さて、この料理を作るうえで守ってほしい点が3つございます。
それはレンジを使わないこと、蒸したあと半日放置すること、完成後冷蔵庫で冷やしてから食べること。
これらを怠るともくれん流とは言えなくなります。

それから”八角”は必ず入れて蒸しましょう。茹でるなどは論外です。食べるときはどこかの葱ラーメンのように白髪ねぎをケチっては駄目。ふんだんに盛りましょう。葱好きにはたまりませんね。

料理の材料 : 鶏むね肉(お好みで、もも肉)1枚  葱の青い部分  八角1個 生姜1かけ 
酒(紹興酒OK)大さじ2 あらびき胡椒 少々 塩少々 プチトマト2~3個
ソース材料 : 葱の白い部分、醤油適量 ごま油 ラー油 
市販の胡麻だれ(できればピーナッツの入ったもの) 砂糖少々 白胡麻少々



もくれん本家「棒棒鶏」の作り方

1.鶏のむね肉1枚にあらびき胡椒をまんべんなくまぶして深皿に入れます。そして大さじ2杯のお酒を振りかけ、さらに八角1ケを半分に割って肉の上下に、またスライスした生姜6枚を上下に3枚づつ置きます。葱の青い部分も肉の上に乗せます。

2.1.を25分蒸し器で蒸します。蒸し終わったらそのまま冷めるまで待ちます。途中、蓋は開けないで下さい。その後、深皿から取り出し、塩少々を振りかけ冷蔵庫で冷やします。深皿に残った蒸汁は取っておきます(ゼラチン状になっている場合もあります)。

3.葱の白い部分を半分に切り、ひとつはみじん切りに、もうひとつは白髪状にし、水に浸けておきます。

4.胡麻だれに醤油、ごま油、ラー油、砂糖、2.の蒸汁、3.のみじん切りの葱、指先で捻り潰した白胡麻少々をそれぞれお好みの量で混ぜ合わせるとソースの完成です。オリジナルで豆板醤を入れてもよいでしょう。

5.よく冷えた鶏肉をお好みの厚さに切り、皿に盛ります。その上に白髪葱を盛り付け、輪切りのプチトマトを散らして出来上がりです。最後に4.のタレをたっぷりと振りかけます。

 

新じゃがお持ち帰り企画も好評のうちに終了!

お持ち帰りいただいたお客様はどんなお料理にお使いになられたでしょうか?肉じゃが?ポテトサラダ?お子様のお弁当に・・。いずれにしましても、多くの方々に大変喜んでいただいて、その笑顔にこちらのほうが癒されてしまいました。

お礼と言ってはおこがましいですが、もくれんでは、ここでひとつシンプルメニューを紹介したいと存じます。韓国チヂミ、本場の人から教わりました。是非お試しください!



材料
  じゃがいも:6ヶ  ニラ:1束  片栗粉:大さじ6     塩:少々  サラダ油:少々 
タレ   コチュジャン:少々   醤油:大さじ3   ごま油:小さじ1  唐辛子:少々  青唐辛子(あれば本格的、なくてもOK)



作り方
 
①じゃがいもの皮を剥き、30分程、水に浸ける。その後、おろします。1ヶおろすたびに塩をひとつまみ加えます(味付けと変色を防ぐため)
②ニラを3cmに切る
③①と②を混ぜ合わせ、片栗粉を加えてさらに混ぜ合わせる
④多めの油をフライパンに敷き、③をうっすらと焦げ目が付くまで両面焼きします
⑤タレの材料に青唐辛子の輪切りを混ぜ合わせてツケダレの出来上がり

   

 ~ さあ!ギンギンに冷えたビールのご用意をビール ~








もくれん風バジルソースの出来上がり。

自分で育てたバジルで作るジェノベーゼソースは最高ですね!

材料 : バジル100g程度 ピスタチオ30粒 オリーブオイル適当 塩・胡椒は少々(分量はあくまで適当)

松の実は中国産が多いのでピスタチオを代用します。トマト以外の材料をフードプロセッサーかミキサーで攪拌。
最後に皮を剥いて、キューブ状にカットしたトマトを加え混ぜ合わせて出来上がり。
トマト&ピスタチオをいれるのがもくれん風の特徴です。

冷たい細麺パスタに和えて、さらにほんの少しだけ細かく砕いた硬めのブルーチーズをトッピング。
冷製の場合は、麺の茹で方は柔らかめが丁度良くなるので注意してね。 

「マグノリアン 冷製パスタ ジェノベソース」さあ、召し上がれレストラン 
こんな自己流もたまにはいいかもね手(チョキ)