カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ 信長
TAG ≫ 信長
      

「信長協奏曲」を観て

戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。

歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。これで天下統一も間近と思った矢先、ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。

信長を狙う敵は多い。彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。

死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。その思いの表れとして、帰蝶との結婚式を企画する。その場所は京都・本能寺。それを知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった…。

刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか? 1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは…?

※上記あらすじは映画「信長協奏曲」公式サイトより引用

活劇あり、恋愛あり、友情あり。SFでありながら時代劇。皆様、よくご存じのエンターテイメントの満載のドラマです。TVドラマの前半部は欠かさず見ていた僕ですが、映画化された後半部についてもいずれ見たいと思いつつ今日に至っておりました。最後にサブローはどうなるのだろう? それが知りたくて、かと言って人に教えてもらうのも残念なので、遅ればせながらDVDを借りて観ることにしたのです。

素直に楽しめました。ただ、作品として捉えるなら映画にするよりテレビドラマとして完結させてもよかったのでは?という感じもします。原作も読んでない僕のような者にとっては、最後にサブローはどうなるの?という点がある意味、最大の関心事。なのに、ほぼ予想通りの展開でした。大どんでん返しを期待してた僕としては「なんだよー盛り上がりに欠けるなー」と言いたくなっちゃいました。ひとつのパターンとして、例えばサブローが帰蝶を現代に連れて帰るみたいなことまで想像してたんだけど。それでは、ちょっとやりすぎになっちゃうのかな。

それにしても、いたるところに上手に伏線を張りながら見事にストーリーを構築している点は凄いと思います。原作の出来がいいのですね。映画に関して一つ触れるとしたら、映像のなかに出てくる安土城が信長の雰囲気にマッチしておりとても気になりました。あんなお城が本当にあったら面白いですね。

     

・・ と思ってたら、お城は伊勢の安土桃山文化村に再現されているらしいのです。 ・・・ということは、そこでロケしたのでしょうか?あるいは、復元した天守閣に本物の安土城跡を組み合わせたCGなのでしょうか?誰かわかる人教えて!それにしても驚きました。こんなに個性的なお城だったとは_

・・・・

余談ですが、息子は信長の生誕の地で生誕しました。隣の行政区の方がいらして土地の売買の話をされたことがあるんですよ。