カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ ロピーセーター
TAG ≫ ロピーセーター
      

お気に入りのセーターを着こんで

昨日の夜半から今年一番の寒波が襲来。今日は朝から雪かきでした。そして10時頃には終了。

ほらご覧の通り。

坂を下ったところで駐車場から車を出そうとして悪戦苦闘している学生さんらしき女の子がいて そちらもお手伝い。スリップしてなかなか大変だったけど、なんとか脱出に成功!めでたし。めでたし。

その彼女もホッとした様子でバイト先へと車を走らせていきました。
玄関先へと戻り、着ていたセーターを脱いで積み上げた雪の山に乗っけて、まずは一息。

雪かきのあと・・2.jpg

雪かきのあと.jpg

このセーター、古臭いデザインと揶揄されそうだが、いや、実際、これを着て久しぶりに会った同級生にからかわれたこともある。確かにここ最近、街でも見かけることはない。

未脱脂羊毛を使っているのでオイリーであり、ざっくりとした肌触り。羊が人の数の50倍といわれるアイスランドのセーターで、ロピーセーターと言う。

初めはフィッシャーマンズセーターの一種だと思っていたが、単なる思い込みでどうも違うようだ。もしそうなら、ヨークの柄は漁師の家紋を意味し、水難事故で発見された 奴座衛門がどこの誰だか分かるようにとオリジナルな模様に編みこまれたというもの。一緒くたに考えていたようだが、これは羊飼いが着ていたものだそうで、まあ 羊飼いは溺れはしないだろう。

ロピーセーターとは言ってもどうせまがい物? と思ったら、やはりタグにはしっかりとメイドインチャイナと記されていた。いずれ本物を手に入れたい。

夜になって、朝の彼女がお礼にとラスクの詰め合わせを持ってきてくれた。なんか反対に申し訳ない気持ちになる。
この寒波は17日まで続くそうだ。明日もまた、このロピーまがいにお世話になるとしよう。水を弾くので乾きも早いのだ。