FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP ≫ ラーメン
TAG ≫ ラーメン

らーめん藤

「らーめん藤」で煮干らーめんをいただきました。



京都のラーメン専門店から暖簾分けされたという、金沢海側屈指の人気店。餃子セットをオーダーしました。麺はかため、もやしとネギ、ともに多め。ほんのりとした生姜の風味が食欲をそそります。

ネギを絡めて啜る麺はストレートな細麺。海苔に埋もれたあっさりめのスープの底に隠れています。お箸をスープに突込み、麺を絡めて掘り出そうとすると、もやしさんまでが、「おいてかないで~」 とでも言っているかようにつるんでくるのでした。シャキシャキのもやしとネギ、つるつる麺がまるで捩れた糸のように絡まり合い何とも言えない美味なかたまりを作ります。



スープも残さず平らげ、ごちそうさま。

やっぱ、ここのラーメン、好きだわ。

おすすめは煮干。実はそれしか食べたことないのだけど。。

ブロトピ:グルメ・料理・食べ歩き












辛つけ麺



「麵屋達」杜の里店で辛つけ麺をいただきました。辛さは2を選択。見るからに辛そうですが、それほどでもなかったです。こんな暑い日にホットなつけ麺をいただくなんて我ながらどうかしてると思います。


眠来

金沢の庶民の味の代表。その中華版といえばやはり「眠来」をおいて他にない。

 

このお店のランチは麺と丼のサイズでABCと分けられています。まぜ蕎麦セットも気になりましたが、あっさり系のラーメンが食べたくてBランチに決めました。丼まで付いてくる欲張りな定食です。数種類のどんぶりからひとつ選んだのは定番の眠来飯。眠来飯とはチンジャオロースーを眠来風にアレンジした一番人気の丼です。大衆から愛されるだけあって、評判通り、安い、でかい、速い、そして美味しい。

お昼からお腹いっぱい!ごちそうさまでした。

伏見店にも行ったことがありますが、伏見店は家族で営む街の中華やさん風でした。若宮店は、若い店員さんも数人いらしゃって忙しそうに動き回っておられました。大豆田は大きな会社も多いから、平日のお昼時ともなればそれはもうひっきりなしにお客様が入ってこられ大繁盛のご様子。回転率はまるで中華料理店というより人気ラーメン屋のようです。伏見店は郊外にある分、落ち着いて食事が出来るみたいです。内灘店はさすがに遠く前を通ることはあっても未だ入ったことはありません。





無尽蔵

猛暑真っ只中。



普段のお買い物に河北イオンにほんの少しだけ足を延ばします。2Fのフードコートでお昼をいただきました。ここには、全国にチェーン展開しているラーメン屋さん、越後秘蔵麺「無尽蔵」が出店しています。柿渋を練り込んだ麺が特長のお店。「新潟県農業総合研究所 食品研究センター」と「新潟県なまめん工業協同組合」が柿渋入りのなま麺の開発に成功。柿渋に含まれているポリフェノールがしっかりと麺を固め、シコシコ感とつるつる感を併せ持った絶妙な食感を生み出すことに成功したのだそうです。

- ということで、まずは食べてみることに・・・。

なるほどねー ・・・そう 言われれば確かにそうかも知れないと。。 しかしながら、ちょっと言い方を変えるならば、言われないと気付かないところがあるのもまた正直な感想なのでしたー。オーダーしたのは野菜味噌ラーメン。麺の感想はさておき、甘めの味噌がお野菜に馴染んでとても美味しかったです。麺も味噌のスープに程よく絡み、甘い味噌とちぢれ麺の相性の良さを楽しみながらいただけました。

普段の買い物から軽い食事も出来て映画も観れる。田舎に忽然と姿を現すこうした大型モールは地方社会の一大コミュニティーになった。ぶらぶら歩いてても結構楽しめる。社会学者、阿部真大氏がかつて論説のなかで「匿名的場所」と位置付けたのはまさにここなのだね。『地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会』を以前読んだことがある。これから先、我々の住む地方のコミュニティーはどのように変容してゆくのだろうか。見守ってゆきたい。

   

















麺屋つくし

小矢部のアウトレットに。富山の人気ラーメン店「麵屋つくし」が入っています。味噌ラーメンが人気のお店です。



本日は、黒醤油ラーメンをいただきました。結構、しっかりした味付けです。麺は北海道の玉子ちぢれ麺。スープはかなり濃いめ。麺に絡んでくる分だけで充分でした。辛玉ごはんをいただきましたが、スープが濃いお味なので、白いご飯の方が合うように思います。





中華そば 秋生



西泉の秋生に行きました。注文したのは太麺の「中華そば」。鰹から出汁をとっています。中華そばを僕なりに連想すると、昔ながらのチャルメラが頭に浮かぶのですが、それは素人の単なる思い込みなのですね。トッピングに半熟玉子を付けてもらいました。ごはんは小ライス。これは僕のなかの定番です。お店の雰囲気は、茶で統一された落ち着きのあるデザインで清潔感もあります。店内にはラーメン以外撮影禁止の表示がありました。他の人が写る可能性があるから禁止なのか?美味しいものを提供しているのだから黙って食え!という意味なのか?分かりかねますが、とにかくお店のポリシーを貫いているところが立派です。まー、確かにフードポルノ的行為なので慎み深い人のやることではないとは思いますが 。。いたって慎み深くない性格なので恐る恐る麺のみ撮影させていただきました。 器も雰囲気ありますね。一口入れて納得、納得。濃厚な鰹の風味がほどよく太麺に絡んで大変美味しくいただきました。遠くに足を運んだ甲斐がありました。ご馳走様です。







剛力



『麺屋食堂  剛力』 でお昼をいただきました。「豚骨チャーシューラーメン塩味」をオーダー。モチロン、ライスもね。豚骨の旨味がガツンと舌に乗ってきて、柔らかなチャーシューがオカズになってごはんが進む進む。スープは塩だからあっさりめ。麺の太さは太過ぎず細過ぎず。後に入ってきた客が「細麺で!」とか何とか注文を付けていたところをみると麺の太さも選べるようだ。

金沢大学のある角間から降りてきたところにあるので、学生には多少の特典があるようだ。学生気分が抜けないだけでは残念ながらその特典にはありつけない。ささっと食べログでチェックしたら、シンプルな醤油系の「中華そば」が美味しいと書いてある。今日いただいた豚骨チャーシューも美味しかったけど、次回のメニューは「中華そば」だな。

ところで、最近の剛力彩芽さんだが テレビの露出が極端に少なくなったような気がする。何かの事情で干されてんの?   煮干しみたいに干されてるようでげすが。。

あ、 

そうだ。 次回のメニューは「中華そば」もいいが、剛力だけに「煮干し」でキマリだな。美味しゅうございました。ごちそうさまです。
.....



光麺 

三井アウトレットパーク小矢部までドライブしました。金沢大学角間キャンパスの東側から福光に至る山越えのコースです。福光から小矢部まではのんびり走って30分くらい、のどかな風景に癒され気分転換しようということで。。山側環状線を使えばもっと早く到着するのでしょうけど。

着後、早速2階のフードコートに向かいました。お昼はこちらでいただくことにします。せっかくだから気になるお店もチェックしたいので。。数店あるなかで選んだのは「本格中華麺店 光麺」。東京、その近県を中心に展開しているチェーン店です。豚骨と醤油、どちらにしようか少し迷いましたが、「丸鶏出汁」という旨そうなフレーズに袖を引っ張れ、醤油のあっさり系を選択。



麺はちぢれ麺でしょうか。スープは ”丸鶏” と銘打つだけあって鶏の旨みが醤油ベースのスープにしっかりと入っています。底のスープまで平らげてしまうくらいに美味。醤油系は嫌いではないけどあまりいただかない私です。でも、こちらのスープはかなり気に入りました。

アウトレットですが、夏物が半額くらいになってるところもありました。ジーンズ買って帰ります。


そらみち



金沢の郊外、窪にある「そらみち」でお昼をいただきました。家内は特性中華そば、私は特性煮干しそばをオーダー。優しいお味のお店です。麺はストレートの細麺で硬さも自分ごのみ。煮干しのスープも優しいお味でありながら雑味がなく一本芯が通っている感じ。チャーシューの赤みが小ぶりの白い碗に映えて食欲をそそります。見た目を裏切らない品性のある美味しさでした。素材を吟味し、オリジナリティーを大事にするお店の姿勢に業種は違えど学ぶべきも多いようです。有難うございました。美味しかったです。

麵屋 達



「麵屋 達」の杜の里店に行きました。当店に一番近いラーメン屋さんです。注文したのは「魚介豚骨ラーメン」 魚介と豚骨の旨みが凝縮していて美味しかったです。このタイプのラーメン頂くとき、ついついご飯も注文してしまいます。魚の風味のスープと白ごはんはやはりベストマッチだと思います。麺の硬さはいつもの硬め、あとは普通にお願いしました。麺の太さは中くらい。ほどよくスープが絡みます。

県内に数店舗あるようですが、ここしか知りません。こうして食レポみたいな記事をブログに書いたりして遊んでますが、実は最近はじめたばかりでそれほど知っているわけでなく。。。杜の里店のオープン当初、「近くに達磨がオープンしたよ」って言いふらしてたら、「それ、麵屋 達でしょ!」って言われてしまいましたとさ。

「達磨の百萬さんも頑張ってたころなのでね。間違ってもしょうがない!」 とすかさず言い訳__するありさま。

サクッと出かけてサクサク頂いてサクッと直帰できるのがなにより有難い。座席数も多いのでわりと利用しやすい。でも、通いすぎには注意だな。腹まわりまで達磨にならないようにほどほどにしたいものです。ご馳走様 -