カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ バレンタインデー
TAG ≫ バレンタインデー
      

理系のバレンタイン

佐竹教授が自身のツイッターのアカウントに、バレンタインデーに向けて注意喚起を促す投稿をした。 その内容は、女子学生に対してのもので若手男性教員に不用意にチョコを渡さないように釘を刺すものだった。とりわけ中高一貫の男子校から理系に行った一部の連中が「うぶすぎて」とても危ういというのだ。確かに、最難関と言われるこの大学、ここの教員になるには思春期の最も輝ける時期を勉学と研究に明け暮れる覚悟が必要だ。

教授が言うには「やばい奴」は相当にやばいらしい。女性教員は男性が圧倒的多数の状況でいろいろと慣れているが、その逆の若手男性教員のなかには中学から就職するまで母親以外の女性と話したこともないという奴までいるらしい。彼らにとって「女子とのお付き合い」とはバーチャルなゲームのなかの楽しみであり、だからこそどのようにでもその空想を膨らませることが出来る、とも言える。

一方、そんな教員がいるなかで俺の様なものもいる。建築デザインという本業のかたわら 遊び半分でやっていた趣味の領域がどういうわけか世間に認められ、そこに目を付けた学校側がよせばいいのにこの半端な俺に准教になってはくれまいかと打診してきたのだ。金に目がくらむ性質の俺がそんな依頼を断るはずもない。そんなこんなで今に至る。‟客員“という多少気楽な立場もありがたかった。

2月も第2週を過ぎて、久しぶりに授業を受け持った。講義を終えて屋外の喫煙コーナーに向かう。このところ暖かい日が続いている。今日はとりわけ草木の芽吹く匂いが香しい。冷え冷えとしたベンチに腰かけ煙草を取り出し一服する。 紫煙に心を委ねていると遠方から細身の影が近づいてきた。

「あぁ、先輩」
「おう、高野君じゃないか」

同じ学部のクラスを受け持つ若手教員の高野という男。手には可愛いい包装紙で包まれた小さなケース。 そうか、今日はバレンタインデーなのか。このときはじめて気付いた。さすがに、男子学生の割合が8割を超す教室の、男臭さが漂うなかにあってはこれも至極当然のことと言わざるを得ない。

「最近はどうだね。教壇に立つのも慣れたころではないかな」
チョコらしき携帯物には触れずに聞くも何か言いたげな様子。

「チョコ貰ったんですけど」
「ほう。それはよかった。俺にも分けてくれるなら尚更いい」

まだ何か言い足りない様子にふと察するものがあった。例のツイートか。。
「あー。あの御触れのことだね。そんなこと気にすることなんてない。食えばいい」

「三つの仮説が立てられると思うんです。第一はただの義理チョコの場合。この場合食べるべきです」

「そうだな。食えばいい」

「第二は単位狙いの場合。返すべきかも知れません」

「・・・」教員というものは、無駄に思いを巡らす職癖があるようだ。

「そして、第三の仮説です。それは本命チョコだった場合です。無論、この可能性も排除できません」
STAP細胞が一度限りの実験でみつかるほどのありえない、そんな可能性にも言及するつもりなのか。。めまいが襲う。

「その第三の仮説ですが・・・」

俺の口から突いて出たのはこの一言。
「いいから 頼む。食ってくれ」



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ      人気ブログランキングへ

バレンタインデー

ママからいただきました。昨年暮れに田上本町にオープンした人気の洋菓子店、「パティスリー オノ」さんのチョコレートです。こちらのシェフはパティシエの世界では名高い稲村省三氏のもとで修業を積み、フランスの「ピエール・エルメ・パリ」の本店でも働いたという経歴をお持ちです。

さっそく、「エレガンス」と名の付いたひとつぶをいただきました。アールグレイのほのかな香りと雑味のないカカオの風味が口いっぱいに広がり納得の美味しさ。「パティスリーオノ」さんもそうですが、ここ数年、田上本町周辺ではイタリアンの「リストランテ アマレット」さんはじめ素敵なお店が一軒、また一軒と増えておりまーす。お隣の田上に位置する当院も「オシャレ~」とまではいかなくても、お客様がせめて優雅な気持ちでいられるような店づくりを目指したいと思いまーす。

パティスリーオノ

ベルガモットの精油(アールグレイの香りづけ)で癒すアロマボディーケアの店  リラックスの扉もくれん

そして、今日この日、バレンタインデーに義理を果たしていただいた皆様、この歳になると「義理」でも最高に嬉しいです。本当に有難うございました!!この場を借りてお礼申し上げます。当然、ママ(家内)からのこれも間違いなく義理なんですけどね (;^ω^)

IMG_3353_convert_20150216135102.jpg

IMG_3359_convert_20150216135635.jpg

IMG_3357_convert_20150216135252.jpg

横浜に住む長女からも可愛いハートが目を引くチョコの詰め合わせが送られてきました。ひとつぶ、ひとつぶ、楽しみながら時間をかけていただきます!

















期待 

担任の山下が卒業式の段取りについてなにやら話している。これが終わるとホームルームもお開きだ。クラスの男子が全く落ち着かない。いや、落ち着かないのは男子ばかりでない。甘い香りを放つ”乙女ごころ”をあの無粋な指定鞄にしのばせているのか、そわそわした様子の女子もいる。  
 
2月14日、今日という日を「バレンタインデー」と人は呼ぶ。朝からクラスの女子たちに厚かましいほどアピールしていたのは親友の裕輔だ。彼が本気でチョコを欲しがっているのかは定かではない。ただ、彼は彼のその彼らしい振る舞いで退屈しない一日を僕に提供してくれた、これは事実。でもそれはそれ。僕にとって今日という日はなにも特別な日ではない。それは学校一のイケメン、直人にとっても同様のことのよう。クラス中の女子の熱い視線を一身に受けながらも今も平然と携帯をいじりまわしている。こんな姿も普段となんら変らない。
 
山下が教室を去ると、クラスメイトも三々五々散っていった。教室の隅では、数名の女子が直人を囲んで嬌声を上げている。プレゼント攻勢が始まったのだ。裕輔と僕はそれを尻目に教室を出る。

「あれだけの思いを受け止めなきゃなんないとはさぞ大変だろうなぁ。直人も・・」
僕がそう言うと、
「何言ってんだよ!いまどき、そんな奴いるかよ。本気も義理もありゃしない。貰うもあげる軽い軽い。言わば一種のご挨拶!」
裕輔は呆れたようにこちらを一瞥すると、玄関へと続く階段を一気に駆け下りた。

直人のように、持て余すほどのチョコが欲しいわけでない。男子の憧れ、あの笑顔の可愛い森川沙耶香から頂けるなどとも毛頭思わない。呼び止める女子など誰ひとりいないし、今日に限って特別なことなど起きうるはずは何もないのだ。

「大変なのはこの俺だべ。生活指導の田中に呼ばれてんだ。悲しすぎるよ」
階下で待っていた裕輔は大げさに悲しんでみせた。
「虐められキャラなのかなぁ、俺って」
彼は大きくため息をつくと、頭を両手で抱え込みながら職員室の方へ去っていった。  

裕輔には内緒だが、正直言うと、今回は全く期待していなかった、というわけではない。普段は目立たないけど、いつも優しく接してくれる木下真子。僕の他愛もないジョークに腹を抱えて笑うのは崎田雪奈。どちらも気になる存在で、崎田のことは、僕も気安く”ユッキー” と呼ばせてもらっている。裕輔に明かせば笑い飛ばすだけだろうが、もしかすると、僕のこと、好きなのかも? なんて、そんな気もしないでもない。いやいや、もう止めるとしよう。この僕だって解ってるつもりだ。 淡い期待は得てして自分勝手な妄想なのだという事を。
 
「よう!高木」
いきなり背中を突付かれた。振り向くと小柄な女子が立っている。
「なんだ。おまえか」そう言うか言わぬかの間に、袖を引っ張られ 柱の影に連れて行かれた。  
女子のなかの中心的な存在の石野薫。よく言えば活発、悪く言えば騒々しい女だ。口は悪いが根は優しい。たまにこっちが沈んでたりすると心配して声を掛けてきたりもする。

「高木に渡したいものがある」そう言って、彼女は後ろ手に持っていた何かを勢いよく差し出した。
「石野。これって・・・」
言葉が見つからず口ごもりながら受け取ると、彼女はくるりと向きを変え、悠然と去っていった。

渡された小さな包みを覗くと、ピンクのリボンで可愛くラッピングされた手作りらしきチョコ。カードも添えられている。俺達、男の輪の中にでも平気で割って入って来ては冗談を飛ばしている、そんな彼女なのだけれど・・・。
女を見掛けで判断するようじゃまだまだだな。こんな裕輔の口癖が脳裏をかすめる。勿論、彼女を異性として意識したことはない。でも嫌いでもない。いや、もしかすると好きなのかもしれない。この歳で彼女もいない恋愛べたな僕だ。自らの気持ちさえも解らなくなっている。
 
「たかーっ!こんな柱の影で何たそがれてんのよ!義理チョコ持って来てあげたわよ。感謝しろよなー」
ユッキーが木下を従えながら、大声を張り上げこちらに向かってきた。
僕は無意識に手に持つ包みを上着の下に隠すと素知らぬふりをした。
「ばーか。見られてんだよ。ハハハー!こいつ、ちょっと可愛くねー。マコ」
「ふふふ。そうね」
木下までが同調する。
顔を見合わせ笑う、二人の明るい色香が僕の鼻をくすぐり、恥ずかしさと嬉しさが僕の心の中を交錯してゆく。青春映画の主人公にはなれない。でもこのほうが僕らしいのかも。