カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ ダンジョン
TAG ≫ ダンジョン
      

ダンジョン 東京駅

東京駅にやってきました。丸の内でランチを済ませ、駅構内のコインロッカーに荷物を預けます。



便利になりましたね。昔だったら空きのロッカーを探すのに右往左往、足を棒にしてましたよね。今では、オンタイムで空きのある場所を教えてくれます。

東京駅は、我々 地方出身の者には馴染みの深い駅ではありますが、人は多いわ、改札口は多いわ、乗り入れてる路線は多いわで、ひとたび改札をくぐると迷子になることもしばしばでございます。

寝台特急「北陸」がまだ走っていた頃、出張の帰りに初めて利用した時のこと、余裕で構内に入っていたにも関わらず ホームを確認せずいたら、挙句には走り出す羽目になってしまい、出発のベルが鳴るなかをギリチョンで駆け込んだこともありました。

今はスマホで何でも調べられたりする時代ですから、世の中複雑になっている以上に利便にもなっているので、情報に素早くアクセスできる若い年代の方々はこんな失敗はしないのかも知れません。

そんな事を考えていると「銀の鈴」の案内板が目に入りました。この鈴のある場所は東京での待ち合わせポイントとして知られています。

30年前、私は東京のとある会社に就職したのですが、その会社には社員たるもの東京を知らなければ仕事にならないとの考えがあり、都内の至るところに設問ポイントを設けて5人一組でそれぞれ与えられた設問を解きながらゴールを目指しタイムを競うというアクティブなオリエンテーションを行っていたのです。そうして新入社員は地下鉄などの交通網を覚えていったのです。

その設問のひとつにこの「銀の鈴」に関しての問題がありました。

大手町に通う娘に聞いたら、以外にも知らないとのことで、その場所まで歩きました。今は、改札のなかにあるので、一旦中に入らなければならず少々厄介。

現在の鈴は四代目だそうです。30年前の鈴は何代目になるのか、ちょっと知りたくなりました。



こちらが今の鈴で、金工家 宮田亮平氏の作品です。素敵ですね。

ここで人と待ち合わせしたことはありませんが、改札の中でも待ち合わせ場所として機能するとはさすが東京駅です。カオス化が止まらない新宿には及びませんが、日本を代表するダンジョンかと。。いえ、美しさからするとラビリンスなのかな。