カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ タイムトラベル
TAG ≫ タイムトラベル
      

「アバウト・タイム」を観て

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。≪公式HPより≫

身の回りに起こるひとつひとつの出来事をありのままを受け入れつつ、時折、ふと感じる小さな幸せを見過ごさないように日々の暮らしを大切に生きていくこと。それがタイムトラベルを繰り返すことでティムが得た幸せに生きる術だったのだ。ティムにとって父との永遠の別れはそのありのままを受容することのひとつでもあった。辛い選択をする息子を思いながらも、死してありのままを貫こうとする父の愛情に胸が熱くなった。父子が過去に戻り、幸せをかみしめるシーンがとても印象的。誰もが気づきながらも実行できずにいる、「幸せに生きる知恵」を今一度、思い起こさせてくれた。



「心の持ちようで一日が愉快にも不愉快にもなる」 確かにそうかも。。 嫁はんに口酸っぱく言われていることですが、屁理屈言うばかりでなく実践してみようとする素直さが必要なのでしょう。