カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ スピリチュアル
TAG ≫ スピリチュアル
      

スクールHPリニューアル!

スクールのホームページをリニューアルいたしました。情報的には、まだまだ不完全なものですけど、少しづつ充実させていきたいと思っています。。それはさておき・・

私たちが教えるロミロミとはどのようなものなのでしょうか?以前にもこのブログで紹介させて頂きましたが、それも随分と過去のログになってしまいました。そこで、新たにこのサイトに訪れた方にも是非 興味を持って頂きたいと思い、おさらいのつもりで再度掲載いたします!

ロミロミは古代ハワイで生まれた伝承医術です。それ以来、幾多の歴史的な変遷を経ながらも脈々と受け継がれ今日に至っています。古くは女人禁制の施術であったロミロミですが、世界中に広く知られるにつれ、女性のセラピストが多くを占めるようになりました。ここ日本でも、多くの女性セラピストが活躍しています。また、リラクゼーション目的のケアとしてスパなどでも幅広く取り入れられるようになりました。ただ、現地のようにマッチョなアロハを着た男性施術家が活躍できる環境にないのが少し残念ではあります。

ロミロミとは「揉む・擦る」を意味する古代ハワイ語ですが、施術そのものは一体どんなものなのでしょうか?古くは、王朝時代のハワイで戦場に駆り出された戦士を癒した技術であったと言われています。その為でしょうか、肘を使うなどかなり強烈な手法もあり、その意味では、穏やかで優しい手法のスエディッシュなオイルマッサージとは一線を画します。オフショアの波を彷彿とさせるダイナミックなボディワークで導き出されるスッキリ感は、まるで身体中の全ての老廃物が押し流されてしまったかのようで、身体ばかりでなく心まで弾むように軽くなるのです。そう、ロミロミは精神をも癒します。古代ハワイでは、この世の全ての万物には自然のエネルギーが宿っているとされ、それを「マナ」と呼んでいました。その神秘な力、「マナ」を施術者の手を通してクライエントに伝える手法がいわばロミロミなのです。ロミロミが世界でもっともスピリチュアルなマッサージと言われる理由がここにあります。

精神とは言い換えれば意思です。そして、私たちひとりひとりの身体も自然の万物のひとつに相違ありません。量子論を持ち出すまでもなく、エネルギーの源は「意思」です。自然界の意思が、セラピストの手を借りてクライエントの身体・精神をも同調せしめ、本来あるべき場所に戻そうとする時、大きな癒しが生まれます。

僕のなかのスピリチュアルキューピー

昨年末、白山比咩神社に出かけた時のことです。私たち夫婦は、一年の無事を感謝し、また来年の家内安全のご祈願を終え、なんとも清々しい気持ちで帰路に着こうとしておりました。

残雪で滑りやすくなっている足場を気にしながら駐車場に入ると、泥と砂利の中に明るい色の小さな物が土に埋もれるように転がっています。拾い上げると、それは小指大のキューピー人形でした。なかなか可愛い顔をしています。何かのオマケでしょうか。誰かが落としていったのか、捨ててしまったものなのか?あまりに小さいので、気に留める人など誰もいなかったのでしょう。凍えるようにしていたのです。

寒さが堪える夕闇も迫っています。見過ごすことなど出来ません。ましてやご覧のとおり、身に着けているものなど有りません。手の平に乗せると、まるで、連れて行け、とでも言わんばかりの仕草で、膝を着いて合掌しています。お参りの後で、私自身、スピリチュアルな気持ちも高まっていたのだと思います。思わずこの小さな体に付着した泥を拭ってあげました。

昨年秋ごろから暮れにかけて お正月前後に出産予定日を控えた妊婦さんばかり3名様もご来院頂きました。お互い お知り合いという訳でもなく、また同じ病院で出産するという間柄でもなく、時期を違わずして当サロンにお越しいただいたのも単なる偶然なのでした。「しらやまさん」に参拝に出かたのはそんな時のことです。

年が明けて、そのうちの一組のご夫婦様が再度ご来院頂き、出産時のお話や生まれたばかりの赤ちゃんの様子などをお話ししてくださいました。今思うと「しらやまさん」で出会ったキューピーちゃんが、私たち夫婦に皆さんの安産を知らせてくれていたような気がしております。他のお二方も多分、元気な赤ちゃんを授かったいるはずです。勝手なこじつけだと笑われる方も多いでしょう。けど、そんな風に思う事で、私たちまでもが幸せな気持ちになれていることは違いないのです。本当に嬉しいことであります。

そして今、そのキューピーちゃんは、リビングの一角で鎮座しています。
白の毛糸のスツールを羽織ったりなんかして・・・ 

暖かそうでしょ。家内が編み物の合間に創作しました。なるほど、白山さんだけに「白」が似合っています。では、キューピーちゃん自身はどう思っているのでしょうか。
もしかすると、あられもない姿を公開されて、少し怒っているのかもしれません。


冬を越すキューピーちゃん.jpg











キューピーちゃん.jpg