FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP ≫ ゴルフ
TAG ≫ ゴルフ
      

箒スイング 2.

今回の「箒スイング」は体の正面から撮影した動画です。以前は、飛球方向から撮影したものを掲載しましたが、真正面からではなく少しずれていましたので、アウトサイドイン軌道のように見えてしまっていました。実際はインサイドインです。ゴルフスイングは基本的にインサイドインでなければ球筋は安定しません。素人ならなおさらです。プロの場合は、意識的にイメージを変えられるのでしょうが、シングルハンデ以外のアマチュアはインサイドイン軌道を身体に沁みこませておくべきで、普段の練習もなしにイメージだけで軌道を変えてスイングするのはお勧めできるものではありません。というよりも、しっかりと基本のインサイドインスイングを身に付けることこそ必要です。私の場合は、多少、OUTに上げていくようなイメージを持ちつつ、肩と腕でできる三角形で、8の字を描くようにすることで、踏み込みにはじまり、INから降ろしやすくしています。

前回で述べましたように「箒」はスイングの確認にはもってこいの道具です。スイング軌道もさることながら、フェイスの向きがインパクトゾーンでシャフトのねじり戻しを自然に、且つ、長く、且つ、微妙に飛球方向に使えているかを目で確認できるからです。クラブシャフトのねじり戻しを再現できるとは言いませんが、刷毛の部分をフェイス面と捉えた時、その動きがゴルフクラブ以上に確認しやすいことはお分かりいただけると思います。ヘッドが軽いので、切り返しでシャフトがレイダウンしずらい難点はありますが、軽いからこそ意識をその一点に傾注させて出来るようになったとしたら、ヘッドの重いゴルフクラブではいとも容易に体感できるはずです。



腰がトップで伸びていること、地面方向に踏み込むのではなく膝が流れていること、その他、反面教師となるスイングではありますが、トップからインパクトに向かう流れの部分、つまり、一番大事な点はそれなりに出来ているようです。動画の速度を遅くして確認したところ、欲を言ったらキリがありませんが、それなりに身体をうまく使えているようなので自分としては”OK”にしておきます。

娘に撮影をお願いしましたが、GWに帰ってきていた息子に年の割にいいスイングだとホメられました。上から目線で。息子は小学生の時にゴルフを習っていたのですが、私、親のせいで止めざるをえなくなり、中、高、大学とテニスに没頭。入社した会社でもテニス部の入部したようであります。

再会

先日、また実家に戻りました。そして 懐かしい皆様とお食事、お泊りいたしました。

矢田屋ロビー

矢田屋八寸

10年ぶりにお会いする、お世話になったご夫妻も来られました。そのご主人とは、嘗てよくゴルフをご一緒させていただきました。言うなれば、私のゴルフの師匠です。先日、石川遼が帰国後の第1戦となるANAオープンで優勝を果たした、あの札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースでもご一緒にプレーさせていただいたことがございます。スクラッチ(ハンデ0)であり、北陸アマでも過去に優勝されておられるアマで、某倶楽部では何度もクラブチャンピオンになられた方です。ご一緒するときには少なからずハンデをいただいたものですが、バーディーをいとも簡単に取られるので、余程調子のよい時でないと勝てませんでした。そんな苦い思い出があります。

矢田屋デザート

食後も引き続き、昔の話に花が咲き、結局、二人で一升瓶を空けてしましました。ノンアルコールビールばかり飲んでいる最近の私ではちょっときついのもがありました。案の定、次の日は二日酔い。

年が明けて暖かくなったらの話ですが、昔の仲間で軽井沢旅行を決め込み、ゴルフをしようとその先輩から段取りの命が下りました。 全く止めてしまったとは言いにくかったので、成り行きで 口ごもりながらいろよい返事してしまいました。。「72?いいですね(^_^メ)」 とかなんとか。

これはヤバイ。また、ゴルフに目覚めなきゃいいけど。

次回のブログでは、動画を交えてスイング論に踏み込みます。人体の造りと物理的な側面から理論づけいたします。

もう目覚めてるやん。。




さりげない凄さ

「ロレーナ・オチョアが引退するこの試合で勝てたことは、わたしにとって本当に特別なこと。ロレーナから学んだことを生かして、これからも勝ち続けたい」

トレスマリアス選手権で今期3勝目を挙げた藍ちゃんがさりげなくも素敵なコメントを残した。

ジュニアやアリゾナ大の時代から華々しい活躍をしているオチョア選手とはいえ 主戦場であるアメリカは母国のメキシコではない。同様の環境に身を置く藍ちゃんだからゴルフ以外にも学ぶことも多かったのだろう。
試合後、肩を寄せ合う二人の姿が印象的だった。
二人の友情に拍手!
 
そして世界主要ツアーでの最少スコア「58」をたたき出した遼君。
このスコアの凄さは言うに及ばないが、この前人未踏の偉業をこれまたさりげなくも爽やかに語る彼はもっと凄い。

理屈や理論ばかりで口程にも無く、さりげなくも平気で「100」以上を叩きだす自分はさらに凄い。


 
 

もくれん式ゴルフスイングのすすめ

プロのゴルフスイングを見た目で真似る。同じように振ってるようだが、まっすぐ飛ぶどころか当たりもしない。
それは何故?

ゴルフを見た目のスイングでイメージするから当たらないのです。
全く違うイメージが必要なのです。

それは、骨格、関節、筋肉の構造に逆らうことのないもの。ゴルフの基本はグリップ、体重移動などなど、色々言われてますが、基本のイメージが体現できなければ意味をなしません。

目から鱗をおとしませんか?施術の後なら理論を聞くことができる。参考にしてみてね!

実践するかは貴方次第・・・