カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ コーヒー
TAG ≫ コーヒー
      

雷雪の如く 8.

 華はこちらに背を向け、食後のコーヒーを淹れている。少し喋り疲れたのか 今は大人しい。食事中は、他愛のない話で俄然 盛り上がった。酒や食の嗜好から仕事にまつわる事まで話は尽きない。一方的に話題を持ちかけては矢継ぎばやに言葉を繰り出してくる華に対し、こちらは唯々、相槌を打つだけだ。

普段、客の話を聞くばかりで、ある意味、それが彼女の仕事であるから、一旦、これは仕事でないと心のなかで割り切ってしまうと、聞く側から話す側へと知らず知らずにシフトしてしまうのだ。それでも、流石にひとつの店をあずかるママだ。話も面白く、結構楽しめた。料理のほうも、ことのほか美味しくいただけた。あけすけな性格のようだが、意外と家庭的な女なのかもしれない。

「ねえ。あなた。さっき、湯涌には用事で来たと言ってたけど。お仕事は金沢で?」
華はコーヒーをやんわりと差し出した。そしてシュガーポットの蓋を開け、立てかける。水商売の女にありがちなさりげなさ。
「実は、姉を探しにきたのです。突然連絡が取れなくなってしまって。華さんにも、お聞きしようと思っていたところなんです」
華は目を大きく見開き、口元に手をやる。かなり驚いた様子に一瞬こちらも面食らう。

「あ、あなた。もしかすると、雪ちゃんの弟さん?」
「はい。漆田敦也と申します。姉は景子と申します。腹違いの姉ですが、私の最も大事な人なのです」
「ああ、やっぱり。雪ちゃんは弟さんにも連絡していないんだ。。あたしもずっと心配してたんだけど。こっちが嫌になって多分、実家にでも戻ったんだろうと。。そう思うようにしてたのに・・・」 華が顔を歪めて言う。

「ご存知なんですね。姉のことを」
「ご存じもなにも大の仲良し。よくここで色んな話をしたわ。そう、今あなたが座ってるその席が彼女の指定席。客の引けた後はあたしも隣の席に座ってね、朝まで飲み明かしたことだってあるの。でも、大の仲良しと思っていたのはあたしだけなのかって。。」
「華さん!色々聞かせてください。姉があなたと何を話してたのか。いなくなる前はどんな様子だったのかを」

漆田は感極まった様子の華に詰め寄った。