FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP ≫ アナウンサー
TAG ≫ アナウンサー

癒しの「行ってらっしゃ~い!」アヤパンに有難う

アヤパンこと、高島彩が「めざましテレビ」を卒業した。年内中にもフジを退社するとの発表あり。「フジテレビに激震が走った」と言われるほどに社内部的、業界的には大事のようだ。エースが抜けたフジはこれからどうなってゆくのか、確かにそんな心配まで頭をもたげてくる。

それにもまして、高島彩の一ファンである私には、これから先、どんな朝が待ち受けているのだろう。漠然とした不安が私を襲ってくる。どこかの無人島に流れ着いて初めての朝を迎える、そんな心境だ。生まれて此の方、無人島には漂着したことはない、つまりは未知の世界ということだ・・・ちょっと大袈裟か。。でも、まあ、それくらい好感を持ってみていた女子アナではある。

彼女が「めざまし」に初めて登場した時は、あの溌剌とした可愛さに衝撃半分、いきなりのメイン司会だったから、唐突さ半分といったところであった。しかしながら、あの清潔感と知性、優しさと可愛さを併せ持った雰囲気、そして機転のきいた司会ぶりに、日に日に、私は魅了されていくのである。

「今日の占いカウントダウン」では、私の生まれ月が12位になった時も、「ごめんなさ~い!」で救われていたし、暗いニュースを伝える時の困ったようなあの表情に、不謹慎にも見惚れてしまう時もあった。いずれまた、フリーとなって活躍はじめるだろう。が、それまでは充電の時だと思ってゆっくり静養してほしいと思う。

女子アナについて家庭の中で話題にする時、「どの局の誰が好きか」との問いに、私は「アヤパン」と間髪入れずに言う。次女や息子に尋ねると、少し考えてから「中野美奈子」と答えた。フジは女子アナを広告塔にしているからか、一般のアンケートでも上位を占めると言う。

それにしても、アナウンサーになれる倍率がいまや数千倍というのだから大した職業だ。いや、大変な時代だと言うべきか。 報道関係の仕事に就きたいと考えている長女は、晴れて中野アナの学舎の後輩となった。メディアコムという高倍率の人気ゼミに籍を置き頑張っている。中野アナや須田アナなどメディコム出身のアナも多い。女子アナの代名詞である「才色兼備」にして表舞台でも大活躍!とまではいかなくとも、娘にはアヤパンのような知性と女性の可愛さ・優しさを兼ね備えた素敵な社会人になってほしいと思う。

アヤパン!毎朝、癒しを有難うございましたー。「いってらっしゃ~い!」