カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ いきなりステーキ
TAG ≫ いきなりステーキ
      

スヌーピーミュージアム

東京メトロ六本木駅から歩いて7分。スヌーピーミュージアムに行きました。

 

スヌーピーファンの聖地であるカリフォルニア州 サンタローザの「シュルツ美術館」のサテライト館です。

  

「もういちど、はじめましてスヌーピー。」展が開かれていました。スヌーピーの誕生秘話に始まり、約50年間での外見や内面の変化80点を超す原画や映像で紹介されています。スヌーピーがコミック「ピーナッツ」に登場したのは1950年。はじめは4本足で駆け回わっていた子犬でしたが、そのうち、犬であることに飽き足らなくなり、動物のまねをしたり、犬小屋のうえで小説を執筆したり。ついには犬でも人間でもない独自のキャラクターに。



この壁を背に記念撮影すると絵になります。

     

作者のチャールズ・M・シュルツさんの幼い頃の写真。チャーリー・ブラウンも同じような年頃になるのかな。その頃、彼はスヌーキーという犬を可愛がっていて、スヌーピーのモデルとなったスパイクを飼うようになったのはもう少し大きくなってからのようでした。シュルツさんが溢れんばかりの愛情を愛犬に注いでいたことが展示作品から伝わってきます。



4コマ漫画を集めて制作された壁紙。



「金沢百番街」の「Rinto」にもスヌーピーのキャラクターショップがオープンしたけど、今度、覗いてみようっと。



暗くなりました。お嬢様学校の前を通って帰ります。



アマンド、70周年? ウインドウに「70th」の文字が。。いやはや。。よく遊んだ頃は、防衛庁(省)もありました。



親父や義父に連れられてよく来た「瀬里奈」。アペリティフはバーカウンターで。それからテーブルに案内されて。。残念ではありますが、もう入ることもないでしょう。今日も黒塗りのセダンが一台、玄関に付けていました。



金を持たない私は、道路を挟んで、いきなり!です。瀬里奈に行ける金があれば、どうでしょう、100回まではいかなくても50回は通えるかもしれませんね。そうそう、この「いきなりステーキ」、小松のイオンモールに出店されたそう。わざわざ、六本木でいただく必要もなかったかなと。。金がないのが変わらないのであれば、「日高屋」のほうがSNS的には良かったかも。。