カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月

松濤。。いい響きだね。



故郷に帰るの巻。お墓まいりも兼ねてます。



めっきり懐石料理をいただく機会も減りました。あの頃は会合ばかりで毎晩のように和会席ばかり食ってましたね。



白魚紫芋真丈のお吸い物。
ここはかつて親父の実家だった宿。時々、寄せてもらってます。




青さ海苔餡仕立ての茶碗蒸し。









四男坊の親父は婿養子に出て、長男は戦死し、次男の叔父貴が政治家やりながら構っていたのです。東大出の何事にも造詣の深い叔父貴でした。

海浜公園の野鳥の森



雨が上がって、気分転換。



色々あって、自己嫌悪。



海からの風に癒されて。



野鳥たちのさえずりにまた癒される。



見るからに高価なカメラを携えた写真愛好家やバードウォッチャーがちらほら。



それにしてもいい天気。



心も晴れてくれればいいのだけど。


サルのひなたぼっこ



今年の冬は、近年にない豪雪でした。東京近辺も、おおよそ1ケ月の間に真冬と真夏を一度に経験するくらいに寒暖の差が激しかったようです。こちらも、ようやく春の陽気を感じられるようになりました。

田上に住んでいると、時折、おこじょやてん、タヌキに出くわすことがあります。カモシカにもいく度か出くわしました。この間は、里山から下りてきているサルに出会いました。畑でも荒らしに山から降りてきたのかな。



前庭のモクレンが開花しました。いつか熊に出会えるかな。以前、家の前の坂道の先で出たらしいんだけど。




田井菅原神社にお参り

田井町の田井菅原神社さんにお参りに行きました。菅原道真公を祀るこじんまりとした雰囲気の神社です。境内の梅の蕾もちらほら開き始めていました。



大黒様が祀られている祠に向かい手を合わせます。お仕事が順調でありますようにと。



今年の春は別れの多い季節になりそうです。お客様の転勤やお引っ越し・・・寂しさが心を過ぎります。



私たちにとってもひとつの区切りとなる年になりそう。良い方向に向かえば嬉しいのですが、どうなることか。。まぁ、焦らず、地道に、コツコツとやるきゃないか  (о´∀`о)



その足で 牛坂八幡神社にも出向きました。



ペットちゃんの御守りがありました。ユズに買ってあげようかな。
ユズは食いものにしか興味ないからやっぱり止めた。





その昔、村の男たちが競って持ち上げ 力自慢をしていたという石。どこかの神社にもあったような。

雨にも負けず、大雪にも負けず。

北陸は記録的な大雪となりました。5日の朝、玄関のドアを開けてびっくり。



さすがにこの日のお客様は来れなくてキャンセルが相次ぎました。一日かけて雪かきです。家内が頑張りました。実を言うと、私は以前より三重への出張が決まっており、早朝、家を出たのです。大変な雪で時間はかかりましたが、何とか金沢市内を出ることができました。北陸道では福井以西から雪が酷くなりましたが、早めに金沢を出たことが効を奏し、時間はかなりかかりましたが、どうにか三重に着くことが出来ました。米原周辺では既に雪はなく、三重に至っては快晴です。狭い日本で、ど、ど、どういうこと。。



ラインに送られてくる画像は雪ばかり。掻き続け続ける最中から降り積もってるらしい。なかなか追いつかないけど、それでも掻き続けるのがもくれんの流儀です。ママ、本当にご苦労様です。流儀を守ってくれて有難うございます!!

翌6日、三重を午後の6時に出発。北陸自動車道は通行止めと聞き、東海北陸自動車道で帰ることを決意。山の中だからかなり心配ですが、通行止めではありません。福光=金沢間は通行止めでしたが、福光から下道を走っても帰れるだろうと。。



大型トラックは横から猛スピードで追い抜いてゆく。後ろから煽られる。。この雪道、あのスピードで走るなんてちょっと考えられない。。トラック野郎は命知らずが多いのかもしれません。

ようやく福光。福光から下道で小矢部へ出て里山里海街道、そして山側環状線へ入りました。小矢部では通れない道も多く、幾度かOUT寸前になりながら回り道を繰り返し、里山里海では車が半回転する始末。

6時間の長旅を終えたら時計の針は0時を過ぎていました。北陸自動車道側に進んでいたら、未だに帰れなかったかも。



一日置いてまた降るようで、福井県境、車列の立ち往生が心配です。



クリニカルフェイシャル ☆ 冬のアンチエイジング

今、サードメディスンチェック付きのフェイシャルトリートメントがお得!です。フェイシャルトリートメント&サードメディスンチェック 90分 8.000円 (通常)が今の期間、フェイシャルのみの料金でOKです。毎日のの手入れの補完にこの機会をお見逃しなく、是非、お待ち申しております。 

クリニカルフェイシャル 冬の割引プラン 90 min 6.000円

期間 : 1月20日 ~ 2月20日

* サードメディスンアドバイザー兼フェイシャリストは女性となります。

心身の状態はお肌の状態と密接に関係しています。心身を整えることで、お肌も見違えるほど若返ります。当プランにおいてはあなたに最も適した精油を導き出してトリートメントに使用いたします。

言いかえれば、あなたの肌、心、身体の状態が何を欲し、何を望んでいないのかをチェックで炙りだし、その穴を埋める作業と言っていいのかもしれません。 例えば、ストレスや疲労の状態や それぞれの臓器の働きの状態、神経系、内分泌系、消化器系、免疫系、筋系、循環器系、どの機能が弱くなりやすく どこが過剰な働きをしているのかを知って、不足の部分を伸ばし過剰な部分が縮むように仕向ていくわけです。

あなたが良いと考え実行している運動法やダイエット法が本当にあなたの身体に適しているのでしょうか。もしかすると無駄な努力なのかもしれません。良かれと思って続けていたことが実は大変な間違いであったということに気付かれることも。

香りを嗅いで本能に訴え、答えを導き出すこの手法は引き出される結果も正直で、体質改善法としてとても実効性があります。 また、サードメディスンチェックは、あなたが陥りやすい思考、行動パターンから対人関係の悩みまで読み解く事さえ可能です。ご自分の思考、行動パターンを知り、問題解決の糸口を見つけられるなら、あなたの人生はもっと潤い、豊かになることでしょう。まさに心のアンチエイジングです。



さらに、もうひとつ、期間が残りわずかとなったプランも併せて紹介しておきますね。

期間限定 1月4日 ~ 1月31日

初春プラン ロミロミバック&フェイシャルデコルテヘッド 100 分 7.000円 

*院長の施術となります。

★施術内容★
うつ伏せの姿勢で、背中・肩・首を主にオイルを使ってコリをほぐしていきます。その後、仰向けになっていただき、お顔のトリートメント、さらにデコルテ周辺とヘッドをマッサージします。肩こり、首こりを解消、お顔のラインをスッキリとさセルと同時に肌に潤いを与え、 肌理を整えていきます。 






新年ご挨拶



家族の一員、いわゆるひとつの年女。

あけましておめでとうございます🎍
本年もよろしくお願いいたします。



家内の叔父の焼いた器に自分の撞いた餅でお雑煮。叔母の描いた器で酒盛。



餅つき大会、叔父貴、ありがとうございました😊



義弟の全て手作りのおせち。



皆さまに感謝。(^∇^)

良いお年を!

今年一年、ありがとうございました!

一年の締めくくりに白山比咩神社にお参りさせていただきました。鳥居前は露店が所狭しと居並び、明日の初詣を控えて準備万端といった様子でした。



鶴来の入口にあるお蕎麦屋さん「しば野」でニシン蕎麦をいただきました。

来年は新しいことに挑戦することになります。もういい歳ですから、体力、気力が衰える前に足掻いてみようと決心したのです。半端ない挫折を過去に経験してますからあまり怖いものもなくなっていることもあって。。

まぁ、色々と言う人もいるとは思いますが、惑わされず、信念を持って、真摯に向き合いたいと思います。

ブログをご覧いただいた皆様、もくれんをご贔屓いただいた皆様へ。

来年が素晴らしい年になりますように。

ジグザグの法則



下呂温泉に行った息子の土産。美味しいお酒でした。小遣いすら渡したことない親父にもバイトで稼いだ金で買って来てくれる。これから奨学金も返していかなきゃなんないのに大丈夫なのか。。立派な親にダメ息子がいるみたいにテキトーな親には得てしてデキた息子がいるのだわ。これって親バカかいな?



売り子と宅配、今はふたつを掛け持ちしているらしい。ウーバーイーツの仕組みを聞いた。なるへそ!都会ならではのお仕事だね。

いただきもの Ⅺ

京都に引越しされた癒しスクールの生徒さんであり、当サロンのお客様でもあり、数年来、懇意にさせていただいていた奥様からシュトーレンが送られてきました。手作りのシュトーレンです。パン作りの先生でもあります。 お味は言うまでもありません。ホッペタが落ちそうになるとはまさにこのようなことを言うのですね。



こちらも生徒さんからいただきました。ほのぼのとした風味が懐かしく、熱いお茶を啜りながら至福の時を過ごしました。それにしてもいただいてばかりで本当に申し訳なく思います。



当ブログにて、「いただきものシリーズ」を始めましたが、実はあまり深く考えておりませんでした。当ブログがこのシリーズの記事ばかりになりそうなので、一旦 ここでとりあえず打ち切りとさせていただきます。お心遣いいただいたお客様、そして生徒様、本当に有難うございました。顧客の皆様に支えられ、私たちの今日があるのだなとしみじみ思うこの頃です。