カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月

自律神経が乱れる季節の変わり目に

今年も日本列島を大きな台風が襲来しました。まだまだ気圧の不安定な時期が続きます。日本の半分が亜熱帯地域となりつつあるようですね。さて、この時期の身体の不調の原因のひとつに台風襲来による気圧の急激な変化があります。血管の伸収縮が起因して頭痛を発症することも少なくありません。

秋に起こるいろんな不調は夏の疲れももちろんありますが、自律神経の乱れからくることもしばしばです。副交感神経優位の夏から交感神経優位の冬に移行する変わり目の秋は、脳が混乱してしまうため不調になりがちなのです。前述の頭痛のように、気圧の乱高下が人体の器官に影響を与えているとしたら、当然、自律神経の乱れを助長していることでしょう。その症状が顕著に現れる状態が自律神経失調症です。

自律神経失調症はそれ自体、病名ではなく症状を指しますが、交感神経が活発になることが多く、緊張したまま常態化されることが多いようです。緊張が続けば、筋肉が固まり、凝りとなって、あの極めて不快な感覚へと繋がるわけです。それには、筋肉の凝りを解し、緊張を解すマッサージが効果的です。症状が改善されれば、リラックス効果が得られるので、自律神経の症状にも好影響を及ぼします。特に、肩・背中、肩甲骨周辺、首の後部のマッサージが有効です。ここに頭部と鎖骨周辺部を加えればさらに効果は大きくなります。

IMG_1043.jpg


☆ 自律神経の不調対策、おススメのケアは、

「アロマ組み合わせるプラン」  肩・背中 + 首 + 鎖骨周辺及び頭部   6.500 円 (精油含む)

「リラックスコース 上半身のみ」   うつ伏せ   4.000 円 
 
「癒Aコース 上半身のみ」    うつ伏せ + 仰向け (腹部含む)   7.000 円
                       
「癒Bコース 上半身のみ」    うつ伏せ + 横向き + 仰向け   9.000 円 


9、10月限定で、

「院長のロミロミ 上半身のみ」   うつ伏せ + 仰向け   5.000 円  

  当院のケアで、快適な秋の夜長を愉しみましょう!

     

産湯でほっこり。

 

産湯に浸かっている様子が貼りだされてましたー キレイになってイケメンはホッコリ、ゴキゲンです。長女曰く、水タイプのポケモンみたい。




かなざわ 玉泉邸

金石の本龍寺で父の3回忌のお参りを終えた後、「かなざわ 玉泉邸」で会食しました。



外は土砂降り。道路はそのせいもあってかなりの渋滞でした。道を行く観光に来られている方々、気の毒にずぶ濡れです。







美しい庭園を眺めながら滋味豊かな会席料理に舌鼓。



久しぶりに姉と妹たちに会って思い出話に花が咲きます。



手入れの行き届いた素晴らしい庭園「玉泉園」。加賀藩の重臣、脇田家の庭園として初代直賢(なおかた)から四代九兵衛までおよそ百年を費やして完成に至ったという由緒ある名園です。作庭様式も珍しいものだそうです。

   

静明寺

材木町へウォーキング。静明寺に立ち寄りました。徳田秋聲の家の菩提寺としても知られ、秋聲の小説にも登場する法華宗の寺。昭和57年に東京で亡くなった秋聲の骨がここに分骨され、井上靖氏の加筆した秋聲碑が建立されています。加賀藩に仕えた学者・安達幸之助の墓もあります。



木の葉が風にそよぎ、秋声の名の如く秋の声が耳を撫でてゆきました。



鏡花の道を通り橋場町へ。主計町から昌栄町へ抜け、堀川町に向かいます。





おらが蕎麦 牛肉そば

グルメ杵屋がチェーン展開している「おらが蕎麦」。「牛肉そば」をいただきました。それも特盛。



最近の蕎麦屋は量が少ないわりに値がはるお店が多いけど「おらが蕎麦」は本当にリーズナブル。蕎麦は嫌いでないので、その安さについ釣られ暖簾をくぐった。蕎麦については期待してはならぬが、まー、それなりだ。面白いのはそのコンセプト。安い蕎麦屋はほんと最近見かけないし、居酒屋風なので会社帰りのリーマンのひとり飲みにはもってこいなのだ。おでんを頬ばりながら熱燗手酌、でなけりゃ、串揚げいただきながら生ビール!!で、最後に蕎麦で締めるみたいな。。そして誰もいないアパートに帰るみたいな。。

どーでもいいけど、普通の「ざる」にしとけばよかったわ。

この店の鉄板オーダーを推測するに、「日本酒・おでん3種・ざる」。

間違いない。