カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

よく頑張りました。

卒業式は出ずにバイトすると言ってたが、祖母に説得されて出席することにしたらしい。



息子の晴れ姿を見れるならオレも父兄として出たかったが、定休日でもないのでそうそう休むわけにもいかず、息子にラインで画像を送るように言っておいたら、早速、着信の合図。

9月の式は人が少ないと聞いていたが、意外に多いみたい。



彼女まで来てくれて。この幸せ者がー



行かなくてよかった。お邪魔虫になるとこでした。

しかし、かわいい彼女。慶応、青学、落っこちて 4年間、彼女もおらんかったオレとはえらい違いだわー

まー、これで親としての仕事もひと段落。できの悪い親を持って 子供達には人一倍 苦労させたが、3人ともその分、人間として強くなった。神様、そして お世話になった全ての人に、「有難うございました!」

いただきもの Ⅱ



京都にご旅行に行かれたお客様からお土産にいただきました。かわいいお土産ありがとうございます😊

学生の頃から私たちのサロンにご来店いただいておりますが、お品選びに彼女らしさを感じます。

いただきもの

サロンのお客様からいただきました。有難うございます。



そのお客様は旅行が趣味で、年に1、2回、長年連れ添ったご主人と海外旅行をされます。3ケ月前、香川県に属する岡山県からも近い直島に行かれた際には、備前焼の可愛い招き猫の置物をお土産に買ってきてくださいました。直島町は知る人ぞ知るアートの島で、外国のお客様がわんさか押し寄せる瀬戸内海に浮かぶ人気のスポット。アートが好きな方には外せない観光地です。で、今回はギリシャからトルコへと渡る船旅でした。



スクールの受講カリキュラムを完了された福井のM・W さんからいただきました。羽二重くるみという地元の銘菓だそうです。モチモチの食感と程よい甘さで、大変美味しくいただきました。手作りのキュウリのキュウちゃんもいただきました。今晩、ご飯のお供にしまーす。有難うございました!



俵に住む叔父からいただきました。熟れたゴーヤです。小豆のような種が入っています。種の周りの肉を舐めるよう食すると、まるで果物のような味がします。ご存知でしたか? 今夜のおかずはゴーヤチャンプルーです。




どんな夢?

どんな夢を見ているの?生まれてすぐに離れ離れになってしまったママのこと?それとも大好物のスイカやリンゴを頂いているときのこと?僕たちに出会ったあの日のこと?あの日の出逢いは僕たちも忘れない。あなたがお家に来てくれたことに心から感謝してる。ほんと、いつも癒してくれて、ありがと。



最近、体力がなくなってきたのか、日中よく眠るようになりました。ここが一番のお気に入りの場所のようです。人間でいえば、丁度、僕と同じような年頃にあたります。僕と同じだけ歳をとり、同じだけ老けていくのではないところがとても悲しいです。いつまでも元気でいてほしいな。



西山上りパーキングの海鮮丼



まだ海にも出かけてないな~ と、ふと思い立ち、のと里山里海道を高松サービスエリアまでドライブ。浜辺に出て打ち寄せる波際で去りゆく夏を束の間楽しみました。少しお腹が空いてきたのでちょっとだけ足を延ばし、西山パーキングで食事することに。上りのパーキングには鮮魚店が売店に併設されています。入口には栄螺や牡蠣の生簀も設けられ、朝獲れのお魚が所狭しと売られています。軒先には箱売りのお魚も。。早速、こちらで生牡蠣を買い求め、奥の食堂に入ります。オーダーしたのは一番人気の海鮮丼。お店の人の了解を取り付け、出された海鮮丼のうえにその牡蠣を乗っけていただきました。






「くろたつさん」に参る

福井市内、足羽山の東に黒龍大神様が鎮座する「毛谷黒龍神社」をお参りさせていただきました。



黒龍神社は九頭竜川黒龍川)の守護神として創建された日本古来の四大明神のひとつ。地域の人達には「くろたちさん」と呼ばれ親しまれています。



人生の節目を迎えた10年前、小生、それまでとは全く違う人生を歩み始めました。そして今年、また新たな挑戦を始めます。願かけ石を打ち鳴らし、万事が順調に運ぶようにとお参りさせていただきました。今度の挑戦は「心を癒す」という意味では同じ括りです。不安はありますが、もうこの歳。。次はありません。だから、最後のミッションだと思って頑張りたいです。是非、応援よろしくお願いします。



小龍(蛇)は神様のお使いと伝えられる生き物です。身体あっての物種。撫でながら無病息災をお祈りました。





昭和天皇の民思うお心がひしひし伝わる句です。



三国に立ち寄り、「盛安」でおろしそばの大盛りを注文。ソースカツ丼のカツが貧弱でガッカリ (/・ω・)/
蕎麦は相変わらず美味しかったです!!




サードメディスン&ボディートリートメント 

サマーバケーションの楽しみな季節となりました。それにしても暑い日が続きますね。カラダには充分気を付けてお過ごしください。さて、当サロンの夏のプランの紹介です!とっておきの期間限定、女性限定のプランの登場です。

「サードメディスン シナジープラン」

〈サードメディスンチェック&ロミロミハーフ ( うつぶせ姿勢での全身施術 )〉

お客様の香りの嗜好により体質を診断して改善を促すサードメディスン。サードメディスンについては以前にもこのブログでご紹介させていただきました。この健康法は文字通り「第三の医療」と呼ばれ、特許を取得しているプロジェクトです。

初めて耳にしたという方は是非、当院のホームページをご覧くださいませ。この夏は、当院で最も人気のあるオイルトリートメント、ハワイ発祥の癒し技術であるロミロミにこの健康法を組み合わせ究極の癒しをお届けしたいと存じます。

ご自分の体調に最も適した高品質精油を調合し、お持ち帰りの精油もご用意いたしますので、ご診断の後、日々カラダのどの部分にいつ塗布したら最も効果的なのかもアドバイスいたします。
 
クリック ⇒ サードメディスンとは?

期 間 : 8月1日(火) ~ 31日(木)

ご料金 : 8.000円


* セラピストは女性です。

・・・・

8月中は上記のプランの他にアロマの特割プランもやってマース。こちらも宜しくお願いします。詳しくはもくれんの限定プランをご覧ください。

熱中症にご用心!応急処置について

熱中症の応急処置についての記事をみつけました。


                         塾 第五十五巻第二号の記事から

その記事によると、熱中症は環境温度の上昇により発生する健康障害で、暑熱環境下での体調不良は全て熱中症の可能性があるそうです。以前は、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病に分類されていたようですが、昨今では、重症度や緊急度を計る必要性からその場で判断できる意識の状態の違いにより下記のように分類されたとのことでした。

Ⅰ度 : 熱失神、熱痙攣に相当、応急処置と様子観察で対応
Ⅱ度 : 熱疲労、医療機関の受診が必要
Ⅲ度 : 熱射病、入院加療が必要

声を掛けても意識がない場合はⅡ度以上、また様子観察で改善が認められないときもⅡ度以上と判断すべき。

まずは、意識の有無を確かめ、ないなら救急車を呼ぶ。あるなら、涼しい場所へ避難させ、衣服を弛めて体を冷やします。次に、水分を自力で摂取できないならば、倒れた状況を知っている人が付き添い 医療機関へ走りましょう。自力摂取が可能なら、速やかに水分、塩分を補給させること。汗を大量にかいている場合はスポーツドリンクや食塩水がベターです。反対に汗をかけない場合(発汗による体温調節が出来ない状態)も注意が必要で、体の露出部に水をかけて風を送り、その気化熱を利用して体温を下げるなどの応急処置も効果的とのことでした。また、どこのご家庭にも冷凍庫の中に余った保冷剤の一つや二つ、あるのではないかと思いますが、それらを利用するのもひとつです。タオルで包んで、首、脇の下、腿の付け根に当てがい、体から熱が引けるのを待ちましょう。

自分が熱中症にならなくとも、身近な人にその症状がでることもあるでしょう。いずれ、行動、実践しなければならない機会もないとは言えません。そんな時のためにも的確な処置ができるようになっておきたいものですね。

「中国名菜 マスタム」の冷やし中華


本格的な中華を気軽にいただけるお店として地元の方々に人気のお店です。今回は冷やし中華をいただきました。お酢が優しめであっさりとしたお味でした。辛子とお酢はお好みで加えることも出来ました。マヨラーの私としてはさらにここにマヨネーズが加えられたら最高なのだけど、、さすがにそれは頼めない。私のおススメランチはCセット。鶏肉の揚げ物がメインです。ご飯がどんどんいけますよ。聞くところによると、ご主人はあの「銀座アスター」で修業されたことがおありとか。



冷やし担々麺



冷やし担々麺。東京から帰ってきている息子に何が食べたい? と家内が尋ねたところ、彼は「担々麺」と返答。さらに続けて、家内の作る料理で一番美味しいと。。。

おいおい、担々麺かよ。。あまり旨いもの食わせてないみたいやん!そんなわけで敢えてこのブログで披露。お料理のポイントはある?と家内に訊いたら、麺は乾麺を使用したほうがいいとのことでありんす (*‘∀‘)



ビールのおつまみには 金沢名物「どじょうの蒲焼き」!! この苦み、たまりませんね。