FC2ブログ

カフェマグノリアへようこそ!

日記・仕事・回想・コラム・レビュー・レポート・小説&詩篇集/金沢のもくれん院長の気儘ブログ 【HALE OLA HOKULANI E KOMO MAI】
2019年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年04月

おひなさまは美しい

3月3日、または3月の初めの巳の日に水辺で災厄を払う中国の風習が伝わったのがひな祭りの原点といわれる。人の穢れをうつした人形が流される風景は「源氏物語」、「枕草子」にも出てくるのだが、その災厄を祓う人形はいつしか女の子の玩具となり、子供の成長を願う桃の節供となった。

この季節、段飾りの雛人形をよく目にする。どれもこれもとても精緻に作られており目を見張るばかりだ。子供のおもちゃや衣装を着せつける道具として発展してきた欧米における人形づくりとは異なり、日本では、雛人形、市松人形等々 とても精緻であり、また文化的にも重宝されながら発展し今日がある。

薄暗い和室にポツンと和人形が置かれていたりなんぞすれば、小生、そのあまりの精緻さにおしっこに行けなくなるくらい怖いこともある。美しさと怖さは相補的なものであるから、パンツを濡らすまでもなく人形は美しい。嵯峨人形、加茂人形、御所人形 ・・・

雛人形にも、お公家さん仕様の有職雛から写実的で豪華な古吟雛まで、其々に特長があって怖いほど面白い。このような日本の伝統的な創作魂は現在へと引き継がれている。形を変えず保存されてゆくものの多いなか、人形作りに新しい風を吹き込む作家もいる。

かつて経営していた店舗のピロティに友永詔三先生の作品を飾ったこともある。妖艶な人魚像は多くの客人の眼を奪った。個人的には、最近ならば、四谷シモンの創作動向が気になるところだ。

若い頃には、「実験人形ダミーオスカー」を漫画喫茶なんぞでこっそり隠れ読みもしたが、(;^_^A 
象だけのものに命を吹き込むなんてまさに神業。人形が美しいのはひとが神の技を真似ているからなのか。。

蛇足はこの辺にして、まー、そのうち、雛人形もいろんなバリエーションが出てくるのではないだろうか。古典的な従来の枠にはまらないお雛様がもっとあってもいいと思う。

つまらぬ過去のコラムもどうぞ。

あな、おそろしや → クリックしてね。

/// 追記

* 今朝 (この記事をアップした翌日)、NHKのチコちゃんに教えられたんだけど、多少、このコラムに認識不足があったみたい。その点だけお含みおきいただきお読みください。3年も前のブログ記事だから許してね!



 

コハクチョウ

実家近くの田んぼで



コハクチョウたちが餌を啄ばんでいました。。日が暮れるまでここで遊んで片野の鴨池や木場潟あたりでお休みします。そろそろシベリアに帰るころでしょうかね。こんなに近くで観察できるとは思わなかったー


限定プランを煮干しの日に更新したよ!

少しずつ少しづつ春の陽気が感じられるようになってきました。今年の冬は雪の日が少なくてほっとしましたね。
さて、春間近。今日はバレンタインデー!! 明るい顔色を先取りするフェイシャルトリートメントの限定プランの登場です!   

期間限定 2月14日 ~ 3月14日  ≪ お昼 12:00以降の施術に適用されます ≫

☆ 午後のフェイシャルトリートメント 春待ちプラン  4.000円      

通常6.000円のデコルテ・ヘッドマッサージ&美容液マスク付きアロマオイルトリートメントです。
但し、院長施術に限ります。




778146.png


・・・ クレンジング、洗顔、マッサージ、パックを含めると90分以上にもなるとてもお得なプランです!是非、一度お試しください。 

・・・・・・・


チョコレートは義母と娘から貰いました。奥さんからはなし。全くないと思っていたので良しとします。そう、モテ期はとうに終わってまーす。仕方ないのでぼっちで煮干しラーメン食べに行こうっと! 

「2(1=棒)4」この日は煮干しの日なんだそうです。



てきさす

金石のお墓参りの行きすがら金沢カレーの名店「てきさす」に。お昼少し前だったのですが、運よく駐車場も車一つ分だけ空いていて、テーブル席にも有りつけました。とにかく初来店なので、色々と迷った挙句、定番のテキサスロールカレーを注文。待つ間も入れ替わり立ち代わりお客様が入店してきてます。かなり人気があるみたい。知らなかったのは自分だけなり、かな?



辛さの中に甘さがしっかりと溶け込んでいる。。 絶妙なバランスです。チャンカレやゴゴ―、アルバとはまた違った個性的な感覚もいたします。美味しくいただきました!

博多ラーメンいただきました。



大九州展に行ってきました。若いころ、九州出張が楽しみでした。博多、中洲は本当にエキサイティングな街ですよね。

脚光を浴び始めた20~30年以上前から大好きな温泉地だった由布院にもまた行きたいです。







初春のご挨拶

明けましておめでとうございます。旧年中は「リラックス扉もくれん」をご愛顧賜わり有難うございました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年の初買い出し。雨模様の空、雲の割れ目から光が差し込みがかかりました。端から端まで見渡すことができました!



善光寺に参る



国宝、善光寺にお参りしました。



「藤屋御本陣」で食事しました。善行寺門前にあります。



独特の雰囲気があるイタリアンレストランです。





アールデコ調の建築様式が素敵でした。





亡くなった父がまだ元気だった頃、善光寺には家族皆で旅行したことがあります。甥っ子と父が突然いなくなって慌てたことも懐かしい想い出のひとつです。あの旅行が最後の父との旅行でした。




小腹が空いてキッチュた。



しらやまさんの表参道。紅葉も終わりつつありまして。今年も残り1カ月足らずとなりました。



米粉を使用したキッチュのお店に立ち寄りました。お店のなかは奥様たちでいっぱいでした。








故郷に帰る。

伯父貴の経営していた旅館に泊まりました。昭和モダンが薫る品格の高い旅館です。今は関西を中心にチェーン展開をされている企業が経営をしております。現在の支配人は嘗てのよしみでもあります。年に2回ほど慰安を兼ねて美味しいものを戴きに寄せてもらっているのですが、今回も大変手の込んだ良いお料理でした。



赤唐辛子の葛豆腐に真烏賊の練雲丹和え、子持ち鮎の有馬煮、干し柿丸松葉串、海老黄身芋寿しにチーズを紅葉に象ったあしらい。鮟肝の煮凝り、栗の実、梅貝の白煮、サーモンの菊花寿し、金時芋の落ち葉煎餅、コメの花



蟹身と紫芋の二色真丈のお吸い物。占地、白木耳、三つ葉、紅葉人参、黄菊と香柚子が五感をそそります。



お刺身の盛り合わせ。金沢中央市場から仕入れしました。



海老のすり身射込み菊蕪の彩り餡かけ。春菊、黄菊、糸人参、エリンギ茸、黒木耳、山椒の色合いが乙女な感じで可愛いね。



立場料理として選んだのは、地獲れのめぎすの浜煎り。汐場で漁師が獲れためぎすを煎り蒸して食した事から「浜煎り」と呼ばれます。これこそまさに僕のなかでのソウルフード。幼い頃、橋立港に近かった実家でいつも食卓に並んでたお料理です。確かではないですが、金沢では「塩茹で」と呼ぶのが一般的なんだそうです。お酢と醤油でいただくと本当に美味。今でも時期になると、家内に頼んで作ってもらってます。武家時代、北陸にあった北國街道に旅する民に地獲れの食材を素朴な料理として街道脇に建てられたお店、「立場」で提供されていたとのこと。今も変わらない旅の愉しみ。僕にとっては旅での愉しみでもあり、懐かしきを味わう旅でもあり。。



これも立場料理のひとつ。赤鰈の唐揚げ。骨煎餅をおつまみにビールが美味いぜ (^ω^)



万十貝のバター焼き。金沢では蝶貝、白貝とも言います。醤油を降って素朴に焼いて食べても酒の肴になります。



百万石椎茸の炙り焼き。これも金沢ブランドと言っていいでしょう。



のど黒の塩焼きに金時芋の甘煮と羽地神を添えて。それにしても、こののど黒と言う魚、あれよあれよと全国区になってしましましたね。それにしても、昔から今のようなこんなに高価な魚でしたっけ? しょっちゅう食べてたし、そんな記憶は全くないのだけど。。



国産牛の上ロースのしゃぶしゃぶ。白菜、白葱、豆富、春菊、榎茸、舞茸、マロニー、紅葉麩 を薬味ポン酢で。



香箱蟹の二見仕立て。蛇腹胡瓜。蟹身と内子、外子を青菜で包んでます。土佐酢でいただきます。



握り寿司二貫。秋の彩茶碗蒸し。青さ海苔餡にいくらが散りばめられています。



金時芋のプリン仕立て。メロンとキューブのチーズケーキ。お腹いっぱいです!



朝のお膳もボリューミー。味のバラエティーも豊かで楽しめました。

ロミロミスクールの近況

IMG-0076.jpg

「MAGNOLIA THERAPEUTICS INSTITUTE」の運営するロミロミスクールでの実技試験。この日はH・M さんの卒業試験でした。男性セラピストならではの、大らかで包まれるようなロミロミは見事。一発合格、おめでとうございます。

サロン「リラックスの扉もくれん」では、月に1~3回、限定のプラン「TODAY'S SPECIAL」を更新しております。期間限定のほか、組数の限定など通常メニューにない特別プランが随時掲載されています。フェイスブックページやライン@にて閲覧できるので良かったらお立ち寄りください!「いい夫婦の日」限定プランも掲載中!でーす。